○筑後市職員任用規則

昭和39年6月29日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)の規定に基づき、筑後市職員の任用に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は当該各号に定めるところによる。

(1) 職員 筑後市職員の定数に関する条例(昭和35年条例第1号)第1条に規定する常時勤務する職員をいう。

(2) 任用 職員の職に欠員を生じた場合において、その職を補充するため、採用、昇任、降任又は転任のいずれか一つの方法で職員を任命することをいう。

(3) 採用 現に職員でない者を、新たに職員の職に任命することをいう。

(4) 昇任 現に任用されている職より上位の職に任命することをいう。

(5) 降任 現に任命されている職より下位の職に任命することをいう。

(6) 転任 職員を昇任及び降任以外の方法で他の職に任命すること、又は他の機関の職員を職員の職に任命することをいう。

(職員の任命)

第3条 職員の職に欠員を生じた場合(新たに職員の職が創設されてそれが充員されていない場合を含む。)には、採用、昇任、降任又は転任のいずれか一つの方法により、職員を任命することができる。

(採用)

第4条 職員を採用しようとするときは、職務遂行の能力を有するかどうかを判定する目的をもって競争試験(以下「試験」という。)を行い、この試験に合格した者のうちから採用する。

(受験資格)

第5条 受験の資格については、試験の対象となる職の区分に応じ、職務の遂行に必要な最低限度の経歴、学歴、年令等について、その都度市長が定める。

(選考による採用)

第6条 前条の規定にかかわらず、特別の技能、学識経験、免許、資格を有する職、又は特殊な労務に従事する職等で、市長が特に認めるものについては、選考により採用することができる。

第7条 職制若しくは定数の改廃又は予算の減少に基づく廃職又は過員により退職した者を、その退職の日から2年以内に再び採用しようとするときは、第4条の規定にかかわらず選考によるものとする。

(採用試験)

第8条 試験を実施しようとするときは、その試験の種目、期日、場所、試験科目、受験手続、受験資格その他必要な事項を筑後市公告式条例(昭和29年条例第1号)の例により公表する。

(採用試験)

第9条 試験は、受験者が有する職務遂行に必要な能力を判定することを目的とし、次の各号に掲げる方法のいずれか2つ以上を合わせて行う。

(1) 筆記試験

(2) 面接試験

(3) 技能試験

(4) 適性検査

(5) 身体検査

(6) その他職務遂行に必要な能力を客観的に判定することができる方法

(採用候補者)

第10条 試験に合格した者をもって採用候補者名簿を作成する。

2 採用候補者名簿の有効期間は、採用候補者名簿の作成の日から作成後1年を経過した日又は新たに採用候補者名簿を作成した日の前日のいずれか早い日までとする。ただし、特に必要がある場合は、1年を超えない期間でこれを延長することができる。

3 採用候補者数の不足その他の事由により追加して試験を行い、新たに採用候補者を決定したときは、新旧の採用候補者を登載した採用候補者名簿を作成することができる。

(採用候補者の制限)

第11条 採用候補者が、次の各号のいずれかに該当したときは、これを採用候補者名簿から削除する。

(1) 職員に採用されたとき。

(2) 本人から辞退の申出があったとき。

(3) 受験の申込又は採用を有利にするために不正行為があったとき。

(条件付採用)

第12条 職員の採用は、すべてその発令の日から6か月間は条件付のものとし、その期間終了前に市長が特別の措置をしない限り、その期間の終了した翌日において正式に採用されたものとする。

2 条件付採用期間は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その期間を延長することができる。ただし、1年を超えることはできない。

(1) 当該職員が条件付採用期間中、実際勤務した日数が90日未満の場合

(2) 市長が特に必要と認めた場合

(臨時的任用)

第13条 次の各号のいずれかに掲げる場合においては、現に職員でない者を6か月を超えない期間で、臨時的に任用することができる。

(1) 緊急の場合

(2) 臨時の職に関する場合

第14条 臨時的任用は、その職の職務遂行上必要な資格要件を有すると認める者のうちから、選考により行うものとする。

2 臨時的任用の期間は、特に必要がある場合に限り、6か月を超えない期間で、これを更新することができる。ただし、再度更新することはできない。

3 臨時的任用の手続については、別にこれを定める。

4 臨時的任用された者は、その任用期間の満了によって退職するものとする。

(昇任)

第15条 職員の昇任は、選考により行うものとする。

(選考の条件)

第16条 昇任のための選考を受けることのできる者は、当該選考の対象となる職より下位の職で、市長が定める職に在職し、勤務成績良好なものでなければならない。

(選考の方法)

第17条 昇任のための選考は、必要に応じて職務遂行の能力を判定する方法を用いることができる。

(昇任の特例)

第18条 次の各号のいずれかに該当する者は、前3条に定める昇任の基準によらないで、特に昇任させることができる。

(1) 公務のため死亡したとき。

(2) 公務のため負傷し、障害者となり、再び職務を遂行することができないとき。

(3) 勤務成績良好で、永年勤続し、他の職員の模範となる職員が、退職又は死亡したとき。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則施行の際在職する職員については、この規則により定められたものとみなす。

3 筑後市職員の条件付任用及び臨時的任用に関する規則(昭和29年規則第5号)は廃止する。

附 則(昭和40年12月10日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和58年3月24日規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年10月31日規則第39号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月14日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

筑後市職員任用規則

昭和39年6月29日 規則第7号

(平成26年3月14日施行)