○非常勤特別職員の服務及び処分の基準に関する規則

平成14年1月11日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第2号及び第3号に規定する特別職の職員(以下「非常勤特別職員」という。)の服務及び処分の基準に関し、必要な事項を定めるものとする。

(適用範囲)

第2条 この規則は、非常勤特別職員の服務及び処分に関し別の定めがある場合を除き、すべての非常勤特別職員に適用する。

(服務)

第3条 非常勤特別職員は、その職務の遂行等に当たり、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 職務の遂行に当たり、法令等を遵守し、かつ、職務上の指示に従うこと。

(2) 職の信用を傷つけ、職全体の不名誉となるような行為を行わないこと。

(3) 職務上知り得た秘密を漏らさないこと。

(4) 職務に従事する際は、その遂行に専念すること。

(分限処分)

第4条 非常勤特別職員が、次の各号の一に該当する場合においては、その意に反して、免職することができる。

(1) 職務実績が良くない場合

(2) 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

(3) 前2号に規定する場合のほか、その職に必要な適格性を欠く場合

(懲戒処分)

第5条 非常勤特別職員が、次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として、戒告又は免職の処分をすることができる。

(1) 法令等に違反した場合

(2) 職務上の義務に違反し、又は職務を怠った場合

(3) 前2号に規定する場合のほか、第3条に規定する事項に違反した場合

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

非常勤特別職員の服務及び処分の基準に関する規則

平成14年1月11日 規則第1号

(平成14年1月11日施行)

体系情報
第4編 事/第4章 務/ 服務規律
沿革情報
平成14年1月11日 規則第1号