○筑後市エコショップ実施要綱

平成9年1月27日

告示第2号

(目的)

第1条 この要綱は、環境保護、省資源、ごみ減量などに配慮している店をエコショップ(環境にやさしい店)として認定し、広く市民にPRし、理解と協力を求めることにより、ごみの資源化・減量化を図ることを目的とする。

(認定要件)

第2条 エコショップとして市長の認定を受けようとする者は、別表に掲げる要件の一つ以上を備えていなければならない。

(申込み)

第3条 店舗等が認定を受けようとするときは、申込書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(認定等)

第4条 市長は、前条の申込書を受理したときは、第2条の認定要件の該当項目について審査を行うものとする。

2 市長は、前項の審査によりエコショップに認定をしたときは、認定証(様式第2号)、表示ステッカー(様式第3号)を交付する。

(エコショップの協力内容)

第5条 エコショップは、前条の規定により交付を受けた表示ステッカーを店舗等の見やすい場所に表示するとともに、認定要件となった事項の実施に努め、ごみの資源化、減量化を推進しなければならない。

(認定の取消し等)

第6条 市長は、エコショップが第2条の認定要件に基づく行為をやめたとき、又は不適格と認めたときは、認定の停止又は取消しをすることができる。

(調査)

第7条 市長は、エコショップのごみの資源化・減量化の活動状況を把握するための調査を行うことができる。

(広報)

第8条 市長は、エコショップの推進について店舗等に働きかけるとともに、市民に対し、エコショップについて理解を求め、PRに努める。

(委任)

第9条 その他必要な事項については、別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

エコショップ認定要件

1 包装紙、袋等の簡素化など簡易包装の推進に努めていること。

2 トレイ等を極力使わずに販売していること。

3 買い物かご、買い物袋持参等のPRに努めていること。

4 トレイ、紙パック、空き缶、空きびんなどの拠点回収を行っていること。

5 エコマーク商品、環境にやさしい商品を積極的に販売していること。

6 リサイクル製品を積極的に販売していること。

7 店や事務所の段ボールや古紙のリサイクルに積極的に取り組んでいること。

8 店や事務所から出る紙以外のごみを資源化し、リサイクルしていること。

9 刊行物、広報チラシ、事務用紙などに再生紙を積極的に使用していること。

10 研修会等で従業員にごみ減量、環境保護の教育を行っていること。

11 上記の他、ごみ減量・リサイクル活動として市長が認めるもの

筑後市エコショップ実施要綱

平成9年1月27日 告示第2号

(平成9年1月27日施行)

体系情報
第7編 生/第3章 環境保全/ 資源回収・再生利用
沿革情報
平成9年1月27日 告示第2号