○筑後市下排水路等清掃及びしゅんせつ事業補助に関する規程

昭和56年10月1日

告示第39号

(趣旨)

第1条 市長は、市内の清掃及びしゅんせつ事業の促進を図るため、行政区又は地区環境衛生支部(以下「行政区等」という。)が、当該地区内の下排水路等の清掃又はしゅんせつを行う場合にその経費の一部を予算の範囲内で補助するものとし、その交付に関しては、筑後市補助金交付規則(昭和48年規則第10号)に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 「下排水路等」とは、住家の集中する区域内にあり、主として下排水路の用に供されている公共性の高い水路(農業用幹線用排水路を除く。)及び道路側溝をいう。

(2) 「地区環境衛生支部」とは、環境衛生組織地区助成規則(昭和33年規則第10号)第2条に規定する地区衛生組織をいう。

(3) 「清掃」とは、地区民の共同作業により下排水路等に繁殖する雑草及び流水によるじんかいを取り除き、水路の美化及び浄化等を図る事業をいう。

(4) 「しゅんせつ」とは、下排水路等に堆積した土砂及び汚泥を取り除き、水路の排水能力の向上及び浄化等を図る事業をいう。ただし、筑後市農業用幹線用排水路しゅんせつ事業補助金交付要綱(昭和54年告示第24号)に関する事業を除く。

(補助基準、補助額等)

第3条 補助基準、補助額等は別表に掲げるとおりとする。ただし、下排水路等の清掃の場合であって、堆積物量が著しく多量又は少量のときは、同表の補助単価の70%を限度として加算し、又は減算して交付することができる。

(補助申請及び交付)

第4条 補助を受けようとする行政区等は、別記様式により補助申請し、補助金の交付決定を受けるものとする。補助決定に当たっては、現地調査に基づき補助額を算定し、補助金の交付は、事業が完了したことを確認して行うものとする。

(用具の貸出)

第5条 市長は、行政区等の計画に基づく下排水路等の清掃及びしゅんせつに当たり必要な用具を貸し出すものとする。

2 行政区等は、下排水路等の清掃又はしゅんせつに当たり用具を借り受ける場合には、別に定める用具借用申請書を提出しなければならない。

3 行政区等は、借り受けた用具を事業の終了後遅滞なく返却しなければならない。

(委任)

第6条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

1 この告示は、公布の日から施行する。

2 筑後市下水路等清掃補助及び器具貸出要綱(昭和48年5月4日決裁)は、廃止する。

附 則(平成28年2月15日告示第24号)

この告示は、公布の日から施行し、改正後の筑後市下排水路等清掃及びしゅんせつ事業補助に関する規程の規定は、平成27年4月1日から適用する。

別表(第3条関係)

事業種目

補助基準

補助額

摘要

清掃

清掃面積300m2未満

1平方メートル当たり40円(以下「補助単価」という。)に清掃面積を乗じて得た額に事業計画1件につき5,000円を加えた額

 

清掃面積300m2以上

補助単価に清掃面積を乗じて得た額に事業計画1件につき8,000円を加えた額

 

しゅんせつ

地中に埋設された暗渠の長さが5m以上で流水断面が0.07m2以上のもの

しゅんせつに要した経費に50%を乗じて得た額

暗渠水路

下排水路のために作られた水路の長さが5m以上で流水断面が0.25m2以上のもの

しゅんせつに要した経費に30%を乗じて得た額

有蓋水路

流水断面が0.5m2以上で人力による作業が困難と認められるもの

しゅんせつに要した経費に20%を乗じて得た額

開水路

別記様式(省略)

筑後市下排水路等清掃及びしゅんせつ事業補助に関する規程

昭和56年10月1日 告示第39号

(平成28年2月15日施行)

体系情報
第7編 生/第3章 環境保全/ 環境衛生
沿革情報
昭和56年10月1日 告示第39号
平成28年2月15日 告示第24号