○筑後市青少年育成指導員設置規則

平成4年4月30日

教育委員会規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、筑後市における青少年の生活環境の浄化及び不良化防止等青少年の健全育成を図るために、青少年育成指導員(以下「指導員」という。)の設置及び運営について、必要な事項を定めることを目的とする。

(委嘱及び任期)

第2条 指導員は、筑後市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱するものとし、その身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に定める職員とする。

2 指導員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

(職務)

第3条 指導員の職務は、次のとおりとする。

(1) 地域における青少年の非行化防止のための指導及び援助

(2) 青少年関係団体と連携して行う地域活動への参加及び指導

(3) 青少年健全育成校区民会議が実施する事業への参加及び指導

(4) 学校、地域公民館、民生委員、PTA、子ども会等、地域活動団体との連携協力

(5) その他青少年健全育成に係る諸事業への参加及び指導

(職務要領)

第4条 指導員が前条の職務を行うに当たって必要な事項は、社会教育委員の意見を聴いて行う。

(指導員の心得)

第5条 指導員は、その職務について別に定めるもののほか、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 青少年の指導は、懇切丁寧を旨として、誠意をもって当たること。

(2) 指導に当たっては、絶えず学校、関係機関と連絡をとること。

(3) 事件等の情報を得たときは、速やかに関係機関に通報、連絡すること。

(4) 職務上知り得た秘密を漏らしてはならないこと。

(庶務)

第6条 指導員に関する事務は、教育委員会社会教育課が処理する。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 第2条第2項の規定にかかわらず、平成16年9月1日から委嘱する指導員の任期は、平成18年3月31日までとする。

附 則(平成16年8月10日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月26日教委規則第7号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月3日教委規則第5号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

筑後市青少年育成指導員設置規則

平成4年4月30日 教育委員会規則第3号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 社会教育/ 青少年教育
沿革情報
平成4年4月30日 教育委員会規則第3号
平成16年8月10日 教育委員会規則第1号
平成21年3月26日 教育委員会規則第7号
平成23年3月3日 教育委員会規則第5号