○筑後市母子寡婦福祉会補助金交付要綱

平成21年9月9日

告示第123号

(趣旨)

第1条 市長は、母子及び寡婦世帯の自立と交流を促進し、もってこの福祉の向上を図ることを目的として、筑後市母子寡婦福祉会(以下「母子寡婦福祉会」という。)に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付に関しては、筑後市補助金交付規則(昭和48年規則第10号)に定めるもののほか、この要綱の定めるところによる。

(補助の対象)

第2条 補助の対象となる経費は、母子寡婦福祉会が行う事業に要する経費とする。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、前条に定める経費の範囲内で市長が定める額とする。

(補助金の申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする母子寡婦福祉会の代表者(以下、「代表者」という。)は、補助金交付申請書を市長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第5条 市長は、前条の申請を受理したときは、その内容を審査し、補助金の適否を決定し、代表者に通知するものとする。

(実績報告)

第6条 補助金の交付決定を受けた代表者は、事業終了後、事業実績報告書を市長に提出しなければならない。

(委任)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公布の日から施行し、平成21年度の補助金から適用する。

筑後市母子寡婦福祉会補助金交付要綱

平成21年9月9日 告示第123号

(平成21年9月9日施行)

体系情報
第7編 生/第1章 社会福祉/第4節 母(父)子・寡婦福祉
沿革情報
平成21年9月9日 告示第123号