○筑後市職員き章規程

平成23年4月1日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は、筑後市職員き章(以下「き章」という。)の様式、着用及び取扱い(以下「取扱い等」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(様式)

第2条 き章の様式は、次のとおりとする。

画像

材質及び仕上げは、真鍮先金メッキ製とする。

直径は、14ミリメートルとする。

(職員の定義)

第3条 この訓令において職員とは、本市に勤務する者のうち、非常勤職員及び臨時的任用職員を除いた者をいう。

(貸与)

第4条 き章は、係長級以上の職員(筑後市職員の給与に関する条例(昭和32年条例第11号)別表第2の2における行政職及び消防職の4級以上の職務にある者及び筑後市の単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例施行規則(平成24年規則第15号)における4級以上の職務にある者。ただし、4級の職務にある者については担当係長及び労務主任に限る。以下「職員」という。)に貸与するものとする。

(着用)

第5条 職員は、職務中は常に、左えり又は左胸部の見えやすい箇所にき章を着用しなければならない。ただし、職務の内容により、き章の着用が困難な場合は、この限りでない。

(再貸与)

第6条 職員は、き章を紛失し、又はき損したときは、直ちにその理由を付して再貸与を申請しなければならない。

2 前項により再貸与を受ける者は、実費を弁償しなければならない。ただし、やむを得ない理由があると認められる場合は、実費弁償を免除することができる。

(禁止事項)

第7条 き章は、これを変形し、又は転貸してはならない。

(返納)

第8条 き章の貸与を受けた職員は、貸与の対象外となった場合、又は退職したときは、き章を返納しなければならない。

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか、き章の取扱い等について必要な事項は、別に市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(廃止)

2 昭和30年11月1日から適用の筑後市職員徽章佩用規程(筑後市庁達第6号)は、廃止する。

附 則(平成27年2月6日訓令第1号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月29日訓令第1号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

筑後市職員き章規程

平成23年4月1日 訓令第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第4章 務/ 服務規律
沿革情報
平成23年4月1日 訓令第1号
平成27年2月6日 訓令第1号
平成28年3月29日 訓令第1号