○一般職の職員で非常勤のものの報酬等に関する事務取扱要領

平成28年3月29日

告示第60号

(行政職給料表の級・号給の格付けに関する基準)

第2条 規則第2条第3項の別に定める基準は、次の各号に定めるものとする。

(1) 上位の号給に格付けすることができる場合は、勤務年数が満2年を経過した後の次の任用時とする。ただし、市長が特に認める場合はこの限りでない。

(2) 上位の号給への格付けは、1回につき1号給とする。

(3) 上位の号給への格付けの上限は、通算して6号給までとする。

(委任)

第3条 この要領に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

一般職の職員で非常勤のものの報酬等に関する事務取扱要領

平成28年3月29日 告示第60号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
平成28年3月29日 告示第60号