平成29年度市・県民税(普通徴収)納税通知書を発送しています

更新日 2017年06月15日

  6月9日に平成29年度の市・県民税(住民税)が課税される人のうち、普通徴収及び公的年金から特別徴収される人に「納税通知書」を発送しています。納期限内に納付してください。

 給与から市・県民税(住民税)を特別徴収される人 は、5月10日付で事業所あてに特別徴収税額の決定通知書を送付しています。

 市・県民税(住民税)は、前年の1月~12月の1年間の所得に対して課税されます。納税の方法は次の3つです。

納税の方法

普通徴収

  事業所得や不動産所得がある人などが対象です。市から送付する「納税通知書兼納付書」で通常年4回に分けて納税します。

【納期】第1期=6月30日(金)・第2期=8月31日(木)・第3期=10月31日(火)・第4期=翌年1月31日(水)

給与からの特別徴収

  給与所得がある人が対象です。市から給与の支払者を通じて特別徴収税額の決定通知をします。給与の支払者が、6月~翌年5月の各月の給料から税額を天引きして納税します。

公的年金からの特別徴収

  4月1日現在で65歳以上の公的年金を受給している人が対象です。公的年金の支払者が、年金支給の際に税額を天引きして納税します。今年度初めて年金特別徴収になる人は10月に支給される年金から天引きが開始され、第1期と第2期は納付書か口座振替で納付します。

(注)所得によって、年税額を上記の複数の納税方法により納めてもらう場合があります。

口座振替が便利です

 市税の納付には口座振替が便利です。納期ごとに指定された口座から自動的に引き落とされるので、毎回金融機関等へ行く必要がありません。一度手続きをすると自動継続されます。

【申込方法】市内の金融機関の窓口で、預金通帳、通帳届出印及び納税通知書をご持参のうえ手続きしてください。

コンビニでも納付できます

 納期限内に限り全国のコンビニエンスストアで納税できます。利用できる店舗は、納付書裏面に記載しています。

 市・県民税が課税されない人

 次の場合には 市県民税が課税されません

生活保護による生活扶助をうけている人
障害者、未成年者、寡婦(寡夫)で前年の合計所得金額が125万円以下の人
前年の合計所得金額が、28万円に本人及び控除対象配偶者と扶養親族の合計数をかけた金額(控除対象配偶者か扶養親族がいる場合は、その金額にさらに16万8千円を足した金額)以下の人

(注)普通徴収や年金特別徴収の人で、市・県民税が課税されない場合は、納税通知書は送付されません。 

市・県民税の申告は済んでいますか

 申告がない場合、国民健康保険税の軽減措置や所得証明書の発行などが出来ません。次の申告不要の人以外で申告がまだの人は税務課で申告してください。

【申告不要の人】 

・確定申告した

・給与所得だけの人で「給与支払報告書」が勤務先から市役所に提出されている。

・所得は公的年金だけで、他に申告すべき控除がない。

・収入がなく筑後市内の人に扶養されている。 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 税務課 市民税担当 

電話 0942-65-7012
FAX 0942-53-5177 

 お問い合わせフォーム

ページ上部へ