本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>筑後市教育委員会>人権・同和教育>第39回筑後市人権を考える市民のつどい

第39回筑後市人権を考える市民のつどい

更新日 2021年11月24日

 12月4日(土)~12月10日(金)は人権週間です

 基本的人権と自由を尊重し確保するために、昭和23年(1948年)12月10日の第3回国連総会において採択された『世界人権宣言』は、今年で採択73周年を迎えます。

  この世界人権宣言採択を記念して、国際連合は、採択日の12月10日を『人権デー』と定め、加盟国に対して、人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請しています。

 法務省や全国人権擁護委員連合会は、関係機関の協力を得て、毎年12月4日~10日を「人権週間」と定め、『世界人権宣言』の意義を訴える各種啓発活動を全国で取り組んでいます。

 市は「人権週間」の期間中に、社会全体で「人権尊重のまちづくり」を築いていくために講演会などを行います。皆さんも人権の大切さについて、もう一度考えてみませんか。

12月4日(土) 第39回筑後市人権を考える市民のつどい

 今年は、福永宅司さん(子どもの学び館代表取締役)による一人芝居を行います。

 福永さんは、教育、子育て、人権問題の講演家であり一人芝居演者でもあります。毎年全国各地で約150回の講演を行い、人権セミナー筑後においても、「学校」、「君をいじめから守る」などを演じています。

 今回は、同和問題を考えるオリジナル作品、「ひかり」の公演になります。人権の大切さについて一緒に考え、理解を深めてみませんか。

と き

12月4日(土) 受付13:30~ 開会14:00~16:00(終了予定)

ところ

サザンクス筑後小ホール 電話:0942-54-1200

公演

一人芝居 『ひかり』

入場料

無料(申込み不要。 手話通訳あり。)

託児

あり(無料。未就学児。11月26日(金)までに要予約)
 

このページの作成担当・お問い合わせ先

教育部 人権・同和教育課 人権・同和教育担当
電話 0942-65-7039
FAX 0942-53-4216

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る