平成31年5月
3/32

広報ちくご 2019年5月号3がんばってます!部活動部活動 部員たちの笑顔が、チームの仲の良さを物語る同部。2年生6人と3年生2人の8人で活動しています。同部は、小学校時代にミニバスケットボールを経験した部員が多く、取材をした日に体験入部をしていた新1年生の多くも経験者でした。 5人対5人で試合を行うバスケットボール。これまで、男子バスケットボール部に協力してもらって紅白戦を行っていました。部長の原島綺女さん(3年生)は「1年生が入部して、女子だけで紅白戦をするのが楽しみです」と入部を心待ちにしています。 部の目標は高く、中体連の筑後地区大会で3位以内に入り県大会に進出すること。そのために、日々の練習で技術と心を磨いています。 また、「部員みんなが笑顔で楽しく元気にプレイしています。部員同士もっと仲良くなって、心と心が通じあっているチームにしていきたいです」と話す原島部長。これからも笑顔と仲間との絆を大切にし、チームワークで攻めていきます。筑後北中学校女子バスケットボール部筑後百景 昭和55年から始まり、今年で40年目を迎えるこの運動。行政区を中心に「市民・事業所・市」が一体になって取り組む協働の清掃活動です。 「川と水を守る運動推進連絡協議会」では、今年も5月12日(日)・19日(日)に市内全域でこの運動を行います。地域の力で身近な水環境を守っていきましょう。※予備日は5月26日(日)です。※具体的な日時や場所など、くわしくは各行政区長またはかんきょう課(☎53-4120)に問い合わせるか、市ホームページで確認してください。ホームページは右記QRコードから見ることができます。 このコーナーでは、皆さんに「知ってほしい」「伝えたい」筑後市の歴史や文化、取り組みなどを紹介します。(不定期掲載)筑後市立病院の   理事長を任命 西田正治市長は、地方独立行政法人筑後市立病院の理事長に、前副理事長の大内田昌直さんを任命しました。任期は、4月1日からの4年間です。【理事長あいさつ】 当院は、昭和24年に羽犬塚町立病院として開設され、今年で70周年を迎えます。市内唯一の総合病院であり急性期から回復期医療まで幅広く医療を提供しています。八女・筑後地区にも超高齢化の波が確実に押し寄せていて、地域医療構想も重要な局面を迎えようとしています。 当院は、地域住民のニーズに合わせ、かかりつけ医と連携しながら診療しています。また、看護師による訪問看護(在宅医療)に力を入れ、一方で入院された高齢者や認知症の患者さんが少しでも過ごしやすくなるよう院内デイケアを構想しています。今後ますます増加する生活習慣病やガンの予防など、住民の健康管理にも力を注ぎます。 「生涯研修・生涯奉仕」の基本理念の下、患者さんを最優先に考えた医療を提供し、地域に愛される病院として貢献したいと思います。 これからも、どうぞよろしくお願いします。◀大内田理事長伝言板今回は「川と水を守る運動」です。

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る