平成30年7月豪雨による被災者の方への市営住宅提供について

更新日 2018年07月17日

 

  筑後市では、平成30年7月豪雨による被災者の方を対象に、一時的な居住の場として市営住宅を提供します。

入居対象者

 平成30年7月豪雨により、住宅が全壊、半壊、一部損壊、床上浸水の被害を受けており、

引き続き居住することができなくなった方 

対象住宅

   市営住宅常用団地(2階建て) 福岡県筑後市大字常用826番地

 受け入れ対象戸数 3戸(3DK)

    現在の入居可能戸数 戸 ※申し込みの状況により、戸数は変更になります。

 

使用料 (家賃)等

   免除(住宅使用料、敷金)

   ただし、 共益費、光熱水費は自己負担となります。

入居期間

   基本6ヵ月 

   ただし、状況に応じ最長12ヵ月まで更新することがある。

持参するもの

      罹災証明書、住民票、本人確認のできる書類、印鑑
   ※罹災証明書、住民票については、後日提出可。
      ※連帯保証人不要。ただし、緊急連絡先の届出が必要。
  また、単身での入居に際しては、身元引受人の届出が必要。

問い合わせ・書類提出先  

      筑後市建設経済部都市対策課 

     受付時間 平日8:30~17:15※祝日、年末年始を除く

     〒833-8601

     福岡県筑後市大字山ノ井898番地 

     TEL:0942-65-7029 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

建設経済部 都市対策課 建築担当 

電話 0942-65-7029
FAX 0942-54-0335 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ