揚げ出し大根の切干あんかけ(12月)

更新日 2017年12月18日

 

クリスマス 生の大根は、消化酵素を含んでいるので胃腸の消化を助けてくれます。また、加熱すると大根の甘味が増えます。乾燥させた切干大根は、食物繊維が多く、栄養も凝縮しています。

リボン ゆずこしょうの分量はお好みで加減してください。

 

 

本1人分:110キロカロリー、塩分0.6g 

 

 
 材料 1人分
作り方
 大根  100g
  1. 大根は2cm厚さに切る。フライパンに油を熱し、大根を入れて弱火でじっくり揚げ焼きにする。両面がきつね色になり、中まで火が通ったら引き上げて油を切る。
  2. 切干大根は洗って、2cmくらいに切る。Aを火にかけ、煮立ったらゆずこしょうを少量加え、水溶き片栗粉でとろみをつけて、あんを作る。
  3. 1を器に盛り、2のあんをかける。
  4. 根本を切り落としたカイワレ大根、細く切ったゆずの皮を添える。
 揚げ油  適量

 

A


 切干大根  3g
 だし汁  100cc
 みりん  5cc
 しょうゆ  3cc
 おろし大根  70g
 ゆずこしょう  少々
 片栗粉  3g
 カイワレ大根  5g
 ゆずの皮  少々


このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ