学校給食の家庭向けアレンジレシピ(平成23年度)

甘酢漬け(4月) 

春においしいキャベツを使った和え物です。

 

甘酢漬け(4月)

 

材料 1人分 作り方
キャベツ 35g (1).キャベツは4cm長さの短冊切り、にんじんはせん切り、セロリはうす切りにし、それぞれ茹でて冷ましておく。

(2).Aの調味料を煮立たせ、熱いうちに(1)にかけ、冷ます。
にんじん 5g
セロリ 8g
A サラダ油 4g
2.5g
砂糖 1.5g
0.4g
唐辛子 少々

なすとひき肉のスパゲッティ(5月) 

筑後市では、なすはハウスや露地で栽培されます。
油との相性がよく、炒め物や揚げ物にするとおいしいです。

 

なすとひき肉のスパゲッティ(5月)

 

材料 1人分量 作り方
スパゲッティ 90g (1).たまねぎ、にんじんはみじん切り、ピーマンはせん切りにする。しめじはほぐしておく。

(2).なすはいちょう切りまたは半月切りにして油で炒めた後、一度取り出しておく。

(3).スパゲッティは、たっぷりの湯に塩(分量外)を入れ、硬めにゆでておく。

(4).牛ひき肉をよく炒め、たまねぎを入れて塩、こしょうをして炒める。

(5).(4)ににんじん、しめじ、ピーマンを入れて、さらに炒める。

(6).赤ワイン、トマトピューレ、トマトケチャップ、ソース、(2)を入れしばらく煮て、味を調える。

(7).皿に盛り付けてから、お好みで粉チーズをかける。
牛ひき肉 60g
なす 50g
にんじん 10g
ピーマン 8g
玉ねぎ 40g
しめじ 10g
トマトピューレ 25g
トマトケチャップ 25g
オリーブ油 3g
ソース 2g
赤ワイン 2g
0.8g
こしょう 少々
粉チーズ 適量

シャキシャキサラダ(6月) 

じゃがいものシャキシャキ感がおいしい、旬の野菜を使ったサラダです。

 

シャキシャキサラダ(6月)

 

材料 1人分 作り方
ロースハム 10g (1).じゃがいもは線切りにし、水にさらしておく。いんげんは斜め切り、赤たまねぎは薄切りにし、水にさらしておく。 ハムは細切りにする。

(2).じゃがいもは半透明になるくらいにさっと茹で、素早く水で冷やす。いんげんも茹でて冷ましておく。

(3).Aで(2)を和える。
じゃがいも 40g
赤たまねぎ 5g
いんげん 8g
A サラダ油 3g
3g
練りからし 少々
0.4g
こしょう 少々

夏野菜カレー(7月) 

夏の太陽をいっぱいあびた、夏野菜を使ったカレーです。
夏野菜をたくさん食べて、暑い夏も元気に過ごしましょう。

 

夏野菜カレー(7月)

 

材料 1人分 作り方
豚肉 60g (1).玉ねぎはスライス、かぼちゃは一口大、トマトは湯むきして角切り、ピーマンは2センチの角切りにする。長なすは1センチの厚さの半月切りにする。

(2).にんにくとしょうがはおろしておく。

(3).鍋にサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを入れて香りを出し、玉ねぎを加えて色がつくまで炒める。

(4).豚肉を加え、カレー粉を振り入れ、表面の色が変わったら トマトとなすを加え、さらに炒める。水を加えて沸騰させ、アクをとる。かぼちゃ、ピーマンの順で加え、煮込む。

(5).かぼちゃに火が通ったら、カレールウ、ソースを加え、味を調える。
玉ねぎ 60g
かぼちゃ 50g
トマト 25g
長なす 25g
ピーマン 10g
にんにく 5g
しょうが 5g
カレールウ 35g
ウスターソース 1.5g
サラダ油 3g
カレー粉 少々
200cc

夏野菜の旨煮(8月) 

夏野菜のなす、オクラを使った煮物です。

 

夏野菜の旨煮(8月)

 

材料 1人分 作り方
鶏肉 30g (1).野菜は、すべて乱切りにし、ごぼうとなす、じゃがいもはそれぞれ水につけておく。

(2).ごぼうは下茹でし、オクラも色よくさっと茹で、食べやすく切っておく。

(3).がんもどきは油抜きをして一口大に切る。

(4).鍋にサラダ油を熱し、鶏肉を入れ表面の色が変わったら、ごぼう、にんじん、じゃがいもの順に加え炒める。

(5).水を入れ、ひと煮立ちさせ調味料を加え煮込む。

(6).じゃがいもに火が通ったら、なす、がんもどきを加え、煮含めていき最後にオクラを盛り合わせる。
サラダ油 2g
じゃがいも 70g
にんじん 20g
ごぼう 20g
オクラ 10g
なす 20g
がんもどき 20g
砂糖 4g
濃口しょうゆ 8g
100cc

冬瓜のみそスープ(9月) 

夏が旬の冬瓜を使ったスープです。
涼しい所で保管すると冬までもつところから冬瓜という名前になったと言われています。
トロトロの食感が特徴です。

 

冬瓜のみそスープ(9月)

 

材料 1人分 作り方
ベーコン 8g (1).冬瓜は皮をむき一口大に、にんじんはいちょう切りに、アスパラガスは2~3cmの長さに切る。ベーコンは1cm幅に切る。

(2).だし汁にベーコン、冬瓜、にんじんを加え、やわらかくなるまで煮る。

(3).アスパラガスを加え、ひと煮立ちしたら牛乳、味噌を入れ調味する。
冬瓜 30g
にんじん 15g
アスパラガス 15g
牛乳 20cc
味噌 10g
だし汁 85cc

豚となすのみそ炒め(10月) 

食欲の秋にぴったりのご飯がすすむ料理です。

 

豚となすの味噌炒め(10月)

 

材料 1人分 作り方
豚肉 40g (1).なすは拍子木切りにし、水にさらす。玉ねぎはスライスにし、ピーマンはそれぞれ細切りにする。

(2).鍋に油を熱し、豚肉を入れ炒める。色が変わったら玉ねぎを加えよく炒める。次になすを加え炒め、火がよく通ったらピーマンを加え炒める。

(3).Aを加え調味し、最後に白ごまを混ぜる。
なす 60g
玉ねぎ 25g
ピーマン 20g
赤ピーマン 10g
白ゴマ 1.5g
A 味噌 4g
赤味噌 4g
砂糖 3g
4g
しょうゆ 3g
豆板醤 少々
サラダ油 2g

大根キムチ(11月) 

学校給食でも人気のお手軽メニューです。
夏はきゅうりでお試しください。

 

大根キムチ(11月)

 

材料 1人分 作り方
だいこん 50g (1).大根は、5mmのいちょう切りにする。

(2).大根に下塩(分量外)をし、水分を出しておく。

(3).調味料を全て加え、味がつくまで漬け込む。
しょうゆ 5g
ごま油 少々
一味唐辛子 少々
ラー油 少々

冬野菜のクリーム煮(12月) 

冬野菜のうまみがやさしいクリーム煮です。
体がポカポカと温まりますので寒い日におすすめです。

 

冬野菜のクリーム煮(12月)

 

材料 1人分 作り方
鶏肉 60g (1).白菜はざく切りにし、茎と葉を分けておく。にんじんとかぶは乱切り、たまねぎは大きめに角切りし、ブロッコリーは小房に分け色良くゆでておく。

(2).鍋に油を熱し、鶏肉を入れ炒め、玉ねぎ、にんじんを加え炒め、しんなりしてきたら、じゃがいも、しめじ、白菜の茎を加え炒め、水とスープの素を加え煮込む。

(3).別の鍋でホワイトルウを作る。バターを入れて焦げないように溶かし、小麦粉を加え、弱火でよく混ぜ合わせる。牛乳を少しずつ加え、火が通るまで混ぜる。

(4).じゃがいもに火が通ったら、かぶと白菜の葉を加え煮込み、全体によく火が通ったら、(3)を加えてチーズ、塩、こしょうで味を調える。最後にブロッコリーを加える。
白菜 20g
じゃがいも 50g
ブロッコリー 20g
玉ねぎ 20g
かぶ 20g
にんじん 10g
しめじ 20g
サラダ油 1g
小麦粉 12g
バター 12g
牛乳 100cc
固形スープの素 1/2個
とろけるチーズ 10g
1.5g
こしょう 少々
150cc

ほうれん草ののりあえ(1月)

ほうれん草は冬が旬の野菜で、ビタミンAや鉄分が豊富に含まれます。
手早くできますのでぜひ作ってみてください。

 

ほうれん草ののりあえ(1月)

 

材料 1人分 作り方
ほうれん草 60g (1).ほうれん草は、色よくゆで水にとる。水気をよく切って3cmの長さに切る。

(2).焼き海苔は細かくしておく。

(3).(1)、(2)、調味料を混ぜ合わせる。
焼きのり 1/4枚
しょうゆ 2g
みりん 1g

おいしい菜のごまドレッシングあえ(2月) 

苦みが少ない、おいしい菜は、子どもたちにも食べやすい「なばな」です。
春の訪れを感じさせてくれます。

 

おいしい菜のごまドレッシングあえ(2月)

 

材料 1人分 作り方
ロースハム 5g (1).おいしい菜は沸騰させた湯で色よく茹で、水にとる。軽く絞って、3cmの長さに切る。(茎の太い部分は、縦に包丁を入れる。)分量外のしょうゆ少々をふっておき、その後絞って水気をきる。

(2).もやしも茹でて、冷まし、水気をきっておく。

(3).ロースハムはせん切りにしておく。

(4).(1)~(3)をすりごま、Aで和える。
おいしい菜(なばな) 35g
もやし 25g
すりごま 2g
A しょうゆ 2g
2g
ごま油 1g
砂糖 0.5g

キャベツの酢みそあえ(3月) 

旬の春キャベツを使って作ってみませんか?

 

キャベツの酢みそあえ(3月)

 

材料 1人分 作り方
いか 10g

(1).キャベツとにんじん、いかは短冊切りにし、それぞれゆでておく。


(2).(1)をAで和える。

キャベツ 35g
にんじん 5g
A 2.5g
味噌 2g
砂糖 1.5g
すりごま 1.5g

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ