学校給食の家庭向けアレンジレシピ(平成22年度)

マーボー豆腐(4月)

今回は「ま=大豆・大豆製品、や=野菜類」を使った料理です。

 

マーボー豆腐(4月)

 

材料 1人分 作り方
木綿豆腐 100g (1).豆腐は軽く押して水気を切り1cmの角切りにする。

(2).にんじん、玉ねぎ、たけのこ、水にもどした干ししいたけはみじん切りにする。

(3).中華鍋に油を熱し、みじん切りにしたにんにくとしょうがを炒め、次に肉を加えて強火でさっと炒める。

(4).(3)に(2)の野菜を固いものから加え、スープを入れる。

(5).(4)に火が通ったらAを入れ、(1)を加えて一煮立ちさせる。

(6).水溶き片栗粉を入れ、仕上げにごま油を入れ香りをつける。
合挽きミンチ 30g
にんじん 15g
玉ねぎ 25g
たけのこ 15g
干ししいたけ 1g
にんにく 4g
しょうが 少々
サラダ油 8g
中華スープ 30cc
A 少々
赤みそ 8g
ケチャップ 12g
豆板醤 4g
片栗粉 2g
2cc
ごま油 少々

ひじきご飯(5月)

今回は「わ=わかめなどの海藻類」を使った料理です。
ひじきは鉄分が豊富に含まれているので貧血予防になります。

 

ひじきご飯(5月)

 

材料 1人分 作り方
0.5合

(1).ご飯を炊いておく。

(2).ひじきは水でもどしておき、にんじんはせん切り、ごぼうはささがきにする。こんにゃくはゆでて3cmくらいの長さに切る。

(3).鶏肉を小さめに切る。

(4).油で(3)を炒め、(2)とAを入れ味をつける。


(5).(1)と(4)を混ぜ盛り付ける。

鶏肉 15g
ひじき(乾) 2g
にんじん 5g
ごぼう 10g
こんにゃく 1g
適量
A 0.6g
砂糖 0.4g
しょうゆ 3g

豚肉と野菜の味噌炒め(6月)

今回は「や=やさい類」を使った料理です。
夏野菜をたっぷり使った料理です。

筑後市産の夏野菜を使って、ぜひ作ってみてください。

 

豚肉と野菜の味噌炒め(6月)

 

材料 1人分 作り方
豚肉 50g

(1).豚肉、赤ピーマン、ピーマンはせん切り、なすは縦半分に切り斜め切り、たまねぎは薄切りにする。


(2).フライパンに油を熱し、豚肉を炒める。色が変わってきたら、野菜を加え、さらに炒める。


(3).(2)にAを加えてさらに炒める。

赤ピーマン 15g
ピーマン 15g
なす 50g
玉ねぎ 25g
適量
A 砂糖 4g
しょうゆ 3g
赤味噌 4g
白味噌 4g
3g

シンガポールビーフン(7月) 

今回は「し=しいたけ(きのこ類)」を使った料理です。
カレー味のビーフンです。

ピリッと辛いビーフンは暑い夏にピッタリの料理です。

 

シンガポールビーフン(7月)

 

材料 1人分 作り方
ビーフン 25g

(1).ビーフンは水で約30分もどしておく。

 注意)ビーフンはお湯でも、もどすことが出来ますが、水でもどした方が切れにくい。

(2).てんぷら、いか、にんじんは短冊に切る。玉ねぎは薄切りにし、干し椎茸は水でもどし薄切りにする。


(3).いかはあらかじめ茹でておく。


(4).フライパンを熱して油をひき、豚肉を炒める。(2)ともやしを入れさらに炒める。(1)を入れ炒め、(3)、調味料を入れて混ぜ合わせる。

豚肉 20g
てんぷら 12g
いか 12g
にんじん 8g
もやし 30g
玉ねぎ 10g
干ししいたけ 1/2枚
カレー粉 0.5g
しょうゆ 4g
ケチャップ 4g
少々
こしょう 少々
適量

おひさまゼリー(8月) 

今回は「や=野菜類」を使ったデザートです。
市の給食調理員が考えた暑い夏にぴったりなデザートです。

 

おひさまゼリー(8月)

 

材料 1人分 作り方
トマトジュース 20cc

(1).水でゼラチンをふやかし、温めて溶かす。


(2).(1)に砂糖・ジュースを入れてさらに温める。


(3).カップに入れ、粗熱を取り、冷蔵庫で冷ます。

りんごジュース 20cc
砂糖 2g
ゼラチン 1g
10cc

チンジャオロース(9月) 

今回は「や=野菜類」を使った料理です。
子どもたちが苦手なピーマンもおいしく食べられます。

 

チンジャオロース(9月)

 

材料 1人分 作り方
牛肉 50g

(1).牛肉は細く切り、酒としょうゆで下味をつけておき、片栗粉をまぶして油で炒めて取り出しておく。


(2).ピーマン、赤ピーマン、たけのこはせん切りにする。


(3).(2)を油で炒め、(1)を加えて、Aで味を整える。

2g
しょうゆ 2g
片栗粉 2g
ピーマン 15g
赤ピーマン 5g
たけのこ水煮 30g
適量
A 砂糖 4g
しょうゆ 4g
豆板醤 少々
オイスターソース 4g

カレーサンド(10月)

今回は「や=野菜類」を使った料理です。
野菜をみじん切りにしているので、野菜嫌いの子どもでも食べやすいです。

 

カレーサンド(10月)

 

材料 1人分 作り方
牛ひき肉 30g

(1).玉ねぎ、にんじん、ピーマンはみじん切りにする。


(2).フライパンに油を入れ、玉ねぎをきつね色になるまで炒める。さらに牛ひき肉とにんじんを入れて、肉がポロポロになるまで炒める。ピーマンを入れ、小麦粉、カレー粉を振り入れて炒め、Aで調味する。最後にチーズを加えて混ぜる。


(3).(2)ををコッペパンにはさむ。

適量
玉ねぎ 40g
にんじん 10g
ピーマン 5g
小麦粉 1g
カレー粉 0.8g
A ケチャップ 5g
ウスターソース 1g
少々
シュレッドチーズ 3g
コッペパン 1個

鯖のかば焼き(11月) 

今回は「さ=魚」を使った料理です。
鯖を他の魚に変えてもおいしいですよ。

 

鯖のかば焼き(11月)

 

材料 1人分 作り方
50g

(1).Aを鍋に入れ、火にかける。


(2).鯖に小麦粉、片栗粉をつけて170~180℃の油で揚げる。


(3).揚げたての(2)を(1)に漬け込む。


(4).器に盛り付けて、すりごまをふりかける。

小麦粉 4g
片栗粉 4g
揚げ油 適量
A 砂糖 7g
2g
しょうゆ 8g
みりん 1g
すりごま 0.5g

みそおでん(12月) 

今回は「ま=大豆・大豆製品、わ=わかめなどの海藻類、や=野菜類、い=いも類」を使った料理です。
寒い冬に合う味噌味のおでんです。

 

みそおでん(12月)

 

材料 1人分 作り方
鶏肉 10g

(1).厚揚げは油抜きをして、角切りにする。


(2).ちくわは乱切り、里芋、大根、にんじんはいちょう切りにする。


(3).こんにゃくは三角に切り、ゆがいておく。


(4).だし汁に一口大に切った鶏肉を入れ、さらに里芋・大根・にんじんを入れ煮る。


(5).あくをとり、(1)、(3)、うずらの卵、団子天、ちくわを入れる。


(6).調味料で味を調える。


(7).3cmぐらいに切った野菜昆布を入れ、さらに煮込む。

ちくわ 10g
団子天 1個
厚揚げ 10g
うずらの卵 2個
野菜昆布 1g
里芋 1個
大根 20g
にんじん 5g
こんにゃく 25g
だし汁 80cc
砂糖 2g
しょうゆ 1.5g
1g
みりん 1.5g
味噌 7g

のっぺい汁(1月) 

今回は「や=野菜類、い=いも類」を使った料理です。
材料は冷蔵庫にある根菜類でアレンジ可能です。

 

のっぺい汁(1月)

 

材料 1人分 作り方
鶏肉 20g

(1).鶏肉は一口大の大きさに切り、干ししいたけは水でもどしておく。


(2).里芋、にんじん、大根はいちょう切り、干ししいたけはせん切り、ごぼうはささがき、ねぎは小口切りにする。


(3).鍋にだし汁を入れ、小さく切った鶏肉、(2)を加え野菜がやわらかくなるまで煮る。


(4).しょうゆ、塩を加え調味し、ねぎを加え、最後に水溶き片栗粉を入れる。

里芋 20g
 にんじん 10g
大根 20g
干ししいたけ 1g
ごぼう 10g
ねぎ 3g
だし汁 150cc
しょうゆ 2g
0.8g
片栗粉 1.5g

ごまじゃこご飯(2月) 

今回は「ご=ごま、さ=魚・小魚」を使った料理です。
小魚は魚を丸ごと食べられ、カルシウム源になります。

 

ごまじゃこご飯(2月)

 

材料 1人分量 作り方
ご飯 170g

(1).しらす干しは湯通しし、枝豆むき身はゆでておく。


(2).鍋に油を熱し、しらす干しを炒め調味料で味付けする。


(3).ご飯に(2)とすりごま、枝豆むきみを混ぜ合わせる。

しらす干し 4g
1g
砂糖 1g
0.4g
しょうゆ 2g
みりん 2g
1.5g
枝豆むき身 3g
すりごま 1g

和風サラダ(3月) 

今回は「ご=ごま、わ=わかめ、や=野菜類」を使った料理です。
すりごまや練りごまを使ったごまドレッシングで野菜を和えています。

 

和風サラダ(3月)

 

材料 1人分 作り方
カットわかめ 1g

(1).カットわかめはさっとゆでて、冷ます。


(2).きゅうりは輪切りにし、塩をふっておく。


(3).キャベツは食べやすい大きさに切り、さっとゆでて冷ます。


(4).(1)~(3)を軽くしぼり、かつお節、すりごま、Aと混ぜ合わせる。

きゅうり 20g
キャベツ 25g
かつお節 1.5g
すりごま 0.5g
A 3g
しょうゆ 3g
練りごま 1g
サラダ油 1g

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ