学校給食の家庭向けアレンジレシピ(平成21年度)

たけのこご飯(4月)

今回は「や=野菜類」を使った料理です。
春が旬のたけのこを使ったご飯です。

たけのこには食物繊維が多く含まれているので、おなかの調子を良くしてくれます。

たけのこご飯を作って春を感じてください。

 

たけのこごはん

材料 1人分 作り方
0.5合

(1)たけのこは、米のとぎ汁にたかのつめを入れ、皮のままゆで、そのまま冷やす。


(2)たけのこの皮をむき、2cmの色紙切りにする。鶏肉は一口大に切る。


(3)調味料を煮立たせ、かつお節・鶏肉・たけのこを入れて味をしみ込ませる。


(4)といだ米に、(3)を入れて炊き上げる。


(5)いんげんはゆでて斜め切りにする。


(6)炊き上がったご飯に(5)を散らす。

鶏肉 20g
たけのこ 25g
かつお節 2g
しょうゆ 6g
みりん 1.5g
砂糖 3g
0.7g
いんげん  5g

しゃきしゃきサラダ(5月)

今回は「い=いも類」を使った料理です。

名前の通り、シャキシャキとした歯ざわりがポイントです。じゃがいもを茹ですぎないように注意しましょう。いんげんの代わりに、グリーンアスパラガス、きゅうりなどを使ってもおいしいです。


しゃきしゃきサラダ

 

材料 1人分 作り方
ロースハム 1枚

(1).赤たまねぎは薄切りにし、水にさらしておく。

(2).じゃがいもは千切りにし、水にさらす。さっと茹でて、冷ましておく。

(3).いんげんはさっと茹で、斜め切りにする。

(4).ハムは千切りにする。

(5).調味料は混ぜ合わせてドレッシングを作る。

(6).(1)~(4)を混ぜ合わせ(5)で和える。

いんげん 5g
赤たまねぎ 3g
ジャガイモ 30g
調味料 2g
少々
こしょう 少々
サラダ油 1g
からし 適量

 

 

ぎすけ煮(6月)

今回は「ま=豆類」を使った料理です。
大豆には骨を丈夫にするカルシウムや貧血予防に効果的な鉄分がたくさん含まれます。
噛むことを目的として給食ではカミカミメニューとして登場します。
おやつにも最適!!

ぎすけ煮(6月)

 

 

材料 1人分 作り方
大豆 15g

(1).大豆は一晩水につけた後、ザルに上げて水気を充分切る。


(2).大豆に小麦粉をまぶし、中温程度の油で大豆がカリッとなる様に揚げる。


(3).いりこ、細切り昆布は低温の油で揚げる。


(4).Aを合わせて火にかけ沸騰させてタレを作る。


(5).(4)の中に(2)、(3)を入れからめる。

小麦粉 1g
いりこ 2g
細切り昆布 1.2g
揚げ油 適量
A 砂糖 1g
しょうゆ 1g
みりん 2g

夏野菜カレー(7月)

今回は「や=野菜類」を使った料理です。
夏が旬の野菜をたくさん取り入れました。

 

夏野菜カレー(7月)

 

材料 1人分 作り方
豚肉 30g

(1).豚肉、かぼちゃは一口大に切る。にんじんは1cm厚さの半月切り、トマトはくし型に切る。たまねぎは薄切り、ナスは1.5cmのさいの目切り、ピーマンは1cmのさいの目切りにする。


(2).鍋にサラダ油を熱し、みじん切りしたにんにく、しょうがを焦がさないように炒め、たまねぎを加えてよく炒める。


(3).豚肉を加えてさらに炒め、肉に火が通ったら、カレー粉を加えさっと炒め、にんじん、トマト、なす、水を加え、次にかぼちゃ、ピーマンを加える。


(4).野菜がやわらかくなるまで煮て、カレールウ、ウスターソースを加える

かぼちゃ 40g
にんじん 20g
トマト 30g
ピーマン 10g
玉ねぎ 60g
なす 15g
カレールウ 20g
カレー粉 少々
ウスターソース 0.7g
にんにく 1/4かけ
しょうが 少々
サラダ油 1g
100cc

バンサンスー(8月)

今回は「や=野菜」を使った料理です。
食欲が落ちる夏に、さっぱりと酢とごま油の風味が効いた和え物は食欲をそそります。

 

バンサンスー(8月)

 

材料 1人分 作り方
春雨 20g

(1).鍋にサラダ油を熱し、卵液を何回かに分けて鍋に流し入れ、薄焼き卵を作る。冷めたら、千切りにする。ハムもせん切りにする。


(2).にんじん、きゅうり、キャベツは5cm長さのせん切りにする。塩を振ってしんなりしたら、絞って水切りしておく。


(3).春雨はたっぷりの湯で茹でて冷ます。


(4).Aを混ぜ合わせ、(1)~(3)をあえる。

ハム 12g
15g
サラダ油 適量
にんじん 20g
きゅうり 40g
キャベツ 40g
A 7g
砂糖 5g
薄口しょうゆ 4g
ごま油 1g
練りからし 少々

なすとひき肉のスパゲティ(9月)

今回は「や=野菜」を使った料理です。
なすは夏から秋にかけて収穫され、秋になる「秋なす」は味がよいと言われます。

旬のなすを使ったスパゲティをぜひ作ってみてください!!

 

なすとひき肉のスパゲティ(9月)

 

材料 1人分 作り方
スパゲティ 45g

(1).たまねぎ、にんじん、ピーマン、ベーコンはせん切りにする。しめじは石づきを除き、ほぐす。

 

(2).なすはいちょう切りまたは半月切りにして炒めた後、一度引き上げておく。

 

(3).スパゲティは、たっぷりの湯に塩をひとつまみ入れ、硬めにゆでておく。

 

(4).牛ひき肉をよく炒め、ベーコン、たまねぎを入れて炒める。

 

(5).(4)ににんじん、しめじ、ピーマンを入れてさらに炒める。

 

(6).赤ワイン、トマトピューレ、トマトケチャップ、ウスターソース、塩、こしょうで調味し、(2)と(3)を入れて仕上げる。

 

(7).器に盛り付けてから、好みで粉チーズをかける。

牛ひき肉 30g
ベーコン 10g
オリーブオイル 1g
玉ねぎ 50g
にんじん 15g
なす 30g
しめじ 15g
ピーマン 8g
トマトピューレ 15g
トマトケチャップ 15g
ウスターソース 1.5g
赤ワイン 2g
適量
こしょう 少々
粉チーズ 適量

野菜のカッテージチーズ和え(10月)

今回は「や=野菜」を使った料理です。
料理の組合せや切り方に応じて、切り方をいちょう切りに変えたり、野菜を季節のものに変えたりするのもおすすめです!

 

野菜のカッテージチーズ和え(10月)

 

材料 1人分 作り方
ハム 10g

(1).ハム、にんじん、キャベツ、きゅうりはせん切りにする。ハム以外の野菜は下塩(分量外)をする。

 

(2).(1)をAであえる。

にんじん 5g
キャベツ 25g
きゅうり 10g
A カッテージチーズ 5g
マヨネーズ 5g
少々
こしょう 少々

きのこと鶏ミンチの炊き込みご飯(11月)

今回は「し=しいたけ(きのこ類)」を使った料理です。
にんじん、ごぼう、しいたけ、しめじ、さつまいもと秋が旬の食材がたくさん入っています。

季節を味わえるご飯です!

 

きのこと鶏ミンチの炊き込みご飯(11月)

 

材料 1人分 作り方
75g

(1).しらす干しは熱湯をかけておき、干しいたけは水でもどしておく。


(2).ごぼうはささがき、にんじん、しいたけは5mm、さつまいもは7mmくらいの角切りにする。しめじは石づきを除き、ほぐしておく。


(3).しょうがはみじん切りにする。


(4).枝豆むき身は茹でておく。


(5).油を熱し、(3)、鶏ミンチの順にぱらぱらになるまで炒め、しいたけを加えてさらに炒める。


(6).(5)にしらす干し、ごぼう、しめじを入れAの調味料で混ぜながら煮る。


(7).米に分量の水、さつまいも、にんじんを加えて炊き上げる。


(8).炊き上がったご飯に、(4)と(6)を混ぜる。

90cc
鶏ミンチ 10g
しょうが 1g
サラダ油 適量
しらす干し 3g
干ししいたけ 0.6g
ごぼう 10g
しめじ 10g
にんじん 10g
さつまいも 10g
枝豆むき身 10g
A しょうゆ 2.5g
1.5g
みりん 1g
少々
砂糖 1g

グラタン風煮(12月)

今回は「し=しいたけ(きのこ類)」を使った料理です。
ほうれん草、ブロッコリー、カリフラワーを使ってもおいしいですよ!

 

グラタン風煮(12月)

 

材料 1人分 作り方
鶏肉 25g

(1).玉ねぎは薄切り、にんじんは3mm厚さのいちょう切りにする。しめじは石づきを除きほぐす。


(2).バター、小麦粉、牛乳でホワイトソースを作る。


(3).マカロニをゆでる。


(4).鍋を熱し、玉ねぎが透き通るまで炒める。鶏肉、むきえび、にんじん、しめじを加えて軽く炒め、コンソメ、水を加えて煮込む。


(5).材料に火が通ったら、(2)、(3)を加える。塩、こしょうで調味し、最後にチーズを加える。

むきえび 10g
マカロニ 15g
玉ねぎ 40g
にんじん 10g
しめじ 10g
バター 5g
小麦粉 4g
牛乳 75g
コンソメ 1.5g

30cc 

少々
こしょう 少々
チーズ 5g
サラダ油 適量

煮なます(1月)

今回は「ま=豆類、や=野菜類、し=しいたけ(きのこ類)」を使った料理です。
お正月料理の紅白なますは酢が強く感じますが、煮なますは酢の風味がやわらかく、食べやすくなっています。

 

煮なます(1月)

 

材料 1人分 作り方
油揚げ 4g

(1).干ししいたけはもどしておく。


(2).油揚げは油抜きをして、短冊に切る。


(3).大根、にんじん、しいたけはせん切りにする。


(4).油で(2)、(3)を炒め、Aで味をつける。


(5).最後にごまを散らす。

大根 25g
にんじん 4g
干ししいたけ 0.6g
ごま 0.5g
サラダ油 1g
A 砂糖 1g
2g
薄口しょうゆ 少々
少々
1g

チーズフライビーンズ(2月)

今回は「ま=大豆・大豆製品」を使った料理です。
ココアパウダー、きな粉、青のり、黒砂糖などコーティングするものを変えてもおいしいです。

 

季節を食べる(2月)

 

材料 1人分量 作り方
大豆 15g

(1).大豆は一晩水につけた後、ザルにあげて水気を充分きっておく。


(2).(1)に小麦粉をまぶし、中温程度の油で大豆がカリッとなるように揚げる。


(3).(2)に粉チーズをまぶす。

小麦粉 1g
揚げ油 適量
チーズ 2g

おいしい菜のごまドレッシング和え(3月)

今回は「ご=ごま、や=野菜類」を使った料理です。
「博多な花おいしい菜」は、ビタミンやカルシウムがたっぷりの野菜です。アクがないので茹でる必要がなく、炒め物などに便利です。

 

おいしい菜のごまドレッシングあえ(3月)

 

材料 1人分 作り方
ハム 1枚

(1).ごまは煎って、すっておく。


(2).ハムはせん切りにする。


(3).おいしい菜はさっと茹でて、3cm長さに切り、冷ます。


(4).もやしは茹でて、冷ます。


(5).(2)~(4)をAであえる。

おいしい菜 35g
もやし 30g
A 白ごま 1g
砂糖 1g
2g
しょうゆ 2g
ごま油 1g

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ