風しんの感染が拡大しています

現在、関東地方を中心に風しんの感染が拡大しています。特に30歳~50歳代の男性は、風しんの抗体価が低い人が2割程度いることがわかっています。

 

風疹は、発熱・発疹・リンパ節の腫れを特徴とする、ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。特に、妊娠初期の女性がかかると、心臓に奇形が生じる、耳が聞こえにくくなる、目が見えにくくなるなどの障害がある赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊婦への感染を防止するために、特に下記に該当する人のうち、風しんにかかったことがない人、風しんの予防接種を受けたことがない人、風しんに対する抗体が陽性と確認できていない人は、任意での風しんの予防接種を検討してください。

1.30歳~50歳代の男性

2.妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族

3.10歳代後半~40歳代の女性(特に妊娠希望者または妊娠する可能性が高い人)

 

なお、福岡県では無料の風しん抗体検査を実施しています。

詳細についてはこちらのページをご覧ください。 

関連リンク

風しんについて(厚生労働省)(外部リンク)

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ