本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>市民の方へ>健康・医療・保険>予防接種>異なるワクチンの接種間隔の変更について

異なるワクチンの接種間隔の変更について

更新日 2020年10月01日

異なるワクチンを打つ場合の接種間隔が、令和2年10月1日から変更になり、制限が一部緩和されました。

関連ファイルにあるとおり、注射の生ワクチン間のみ接種してから27日以上あけることとし、その他のワクチンについては制限がなくなりました。

ただしあくまでも異なるワクチン間の接種間隔ですので、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔の制限は従来どおりとなりますのでご注意ください。

注射生ワクチンの例

BCG、水痘、麻しん風しん混合

経口生ワクチンの例

ロタウイルス

不活化ワクチンの例

B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス感染症

関連ファイル

異なるワクチンの接種間隔の変更について (PDF形式:579KB)


このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 子育て世代包括支援センター
電話 0942-48-1968
FAX 0942-53-4119

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る