3回目接種について

更新日 2022年12月16日
ワクチン接種は、皆様ご自身を守るだけでなく、家族、友人、高齢者など、大切な方を守ることにもつながります。年末年始の流行に備え、早めの接種をご検討ください。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

3回目接種の概要

3回目接種の対象者は、2回目接種から3か月を経過した12歳以上です。

市内の接種会場で使用するワクチンはオミクロン株対応ワクチン(ファイザー社製またはモデルナ社製)です。

オミクロン株対応ワクチンは一人1回のみ接種できます。


これまで、年末年始に新型コロナウイルス感染症は流行しています。

年末までに接種を完了するようお早めの接種をおすすめします。


新型コロナワクチンQ&A 追加接種(厚生労働省)

接種券について

  • 既に未使用の接種券をお持ちの場合、オミクロン株対応ワクチンの接種にもそのまま利用できます。
  • 3回目の接種券は、薄みどり色の封筒です。
  • 接種当日は、封筒に入っている接種済証接種券が印字された予診票本人確認書類が必要です。
    1・2回目の接種券と違い、シールにはなっていません。
  • 予防接種済証及び接種券一体型予診票 (PDF形式:79KB)

接種券の発送時期

接種券は2回目接種を終えた時期が早い人から順に発送します。

接種券は発送から到達するまでに約1週間程度かかります。1週間以上経過しても届かない場合は筑後市コールセンター(電話0120-567-154)にお問い合わせください。接種券の紛失等による再発行依頼もコールセンターで承ります。

2回接種後に筑後市に転入された方

他市町村で接種券の交付を受けた後、筑後市に転入された方は、転入前の市町村が発行した接種券を使用することはできません。

筑後市で新しい接種券を発行しますので申請してください。

申請方法

接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症) (PDF形式:182KB)に必要事項を記載し、転入前の市町村が発行した接種券を同封し、郵送申請してください。申請内容に問題がなければ郵送で交付します。

転入前の市町村に確認が必要なため、転入手続の日に即時交付はできません。
【送付先】〒833-8601 筑後市大字山ノ井898番地 筑後市役所ワクチン接種対策室宛て

【市役所の窓口】東庁舎1階 健康づくり課

筑後市から転出された方

筑後市で発行した接種券は、転出先の市町村で使用することはできません。転出先の市町村に筑後市が交付した接種券をお持ちいただき、再発行申請をしてください。

再発行の手続きについては、転出先の市町村にお問い合わせください。

ワクチンの種類

1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンを使用します。

ファイザー社のワクチン:12歳以上の方が対象です。
モデルナ社のワクチン:12歳以上の方が対象です。
重症化予防、発症予防の観点からも早期に接種できるワクチンでの接種をご検討ください。なお、1・2回目にファイザー社ワクチンを接種した人が3回目にモデルナ社ワクチンを接種した場合でも抗体価が十分上昇することが報告されています。

福岡県新型コロナウイルスワクチン接種会場について

 満18歳以上を対象に武田社ワクチン(ノババックス)の接種を実施しています。

概要についてはこちらのページをご確認ください。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 ワクチン接種対策室
電話 0942-48-1970

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る