本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>市民の方へ>生活・相談>ごみ>ごみ袋の中身を調査しました(ごみ組成分析調査)

ごみ袋の中身を調査しました(ごみ組成分析調査)

更新日 2019年12月02日

ごみ組成分析調査について

 ごみは、市民生活及び経済活動の結果として排出され、その組成(ごみを構成する種類とその割合)は生活様式や経済動向等の社会情勢を反映しながら絶えず変動しています。

 ごみの組成を明らかにすることは、ごみの収集・処理方式やごみ処理施設整備の検討には不可欠であり、また、施策の企画立案、実施及び諸計画の策定にあたっても基礎的なデータとして高い利用価値があるなど、清掃行政を的確に進める上で非常に重要です。

  この調査は、ごみ集積所に排出されるごみの組成を明らかにし、現状の施策の効果を計るとともに、筑後市の特性に基づいた今後の効果的なごみの減量・リサイクル施策の検討の基礎資料を収集することを目的とし、実施しています。

 1.調査対象
   家庭から出された可燃ごみ

 2.サンプルの収集方法

   集積所からサンプルを収集

分別してごみ減量!

  令和元年10月4日に実施した組成分析では資源ごみ(古紙類・プラスチック類等)が約3割も燃やすごみ袋に混入しています。資源ごみは、それぞれ地域の資源回収や廃プラスチック回収にきちんと出していただくと燃やすごみの量がその分だけ減量できます。さらに食品ロスも15%混入しており、食べ残しをなくすことで減量可能です。

 市民のみなさん一人一人の分別の積み重ねが大きな効果を生み出します。

 組成分析結果

平成31年度組成分析結果(PDF形式:274KB)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 かんきょう課 リサイクル推進担当
電話 0942-53-4120
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る