本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>市民の方へ>生活・相談>ごみ>レジ袋有料化がスタート

レジ袋有料化がスタート

更新日 2020年07月01日

 海洋プラスチックごみ対策、地球温暖化対策等の取組みの一環として、プラスチック製買物袋(レジ袋)の有料化が7月1日から全国一律でスタートしました


なぜレジ袋が有料化になったの?

 海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの解決に向けた第一歩として、プラスチック買い物袋の有料化を通じて、マイバックの持参など、消費者のライフスタイルの変革を促すことが目的です。

どんなレジ袋が有料化になったの?

 国のガイドラインでは、有料化の対象となる袋について、下記のように記載されています。

有料化の対象となった買物袋の基本定義

 消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋

  • 袋上部の小判抜きの穴に指を入れて運ぶことができる袋
  • 持ち手になるシールを袋と併せて提供する場合の、当該シールと袋
  • 巾着状の袋の口を絞って閉じるひもを結んで持ち手として利用可能である袋


有料にならないレジ袋があると聞いたけどなぜ?

 この制度はあらゆるプラスチック製買物袋を有料化することにより、過剰な使用を抑制していくものです。

 それと同時に、プラスチック資源循環戦略の基本原則3R+Renewableの観点から、一定の環境性能(環境への負担が少ない)が認められる買物袋への転換を促進するためです。

有料化の対象とならない買物袋

 以下の条件に該当し、かつ、それが表示されている買物袋

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル(0.05ミリ)以上のもの
     繰り返し使用できるため、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制につながる
  • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
     微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策につながる
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
     植物由来の素材がCO2総量を超えない(石油などの化学資源由来のプラスチックと比べ、製造で発生するCO2を原材料である植物が吸収する)素材であり、地球温暖化対策につなががる


買うものによっては有料にならない場合があると聞いたけど?

 有料化の対象は商品の販売の際に、その商品を持ち運ぶために使うプラスチック製買物袋であるため、商品でないものを入れる袋や、持ち運ぶためではない袋(取っ手がついていない袋)は有料化の対象外となります。

 また、消費者が辞退できない状態で提供される袋も対象外となります。

 今回の有料化の趣旨が、「有償で提供」されることが、「消費者がその必要性を吟味し、辞退することを促す機会」となることで、「ライフスタイルの転換」につながり、「過剰な使用及び廃棄を抑制する」ことであるためです。

有料化の対象とならない具体例

  • その袋に入れるものが商品でないもの
     景品、賞品、試供品、有価証券(商品券、ビール券など)など  
  • 役務の提供に伴うもの
     クリーニングの袋(衣類にかけている袋)
  • 持ち手のない袋
     食品売り場などで生鮮食品等を入れるための持ち手のない袋
     複数の細かい商品をまとめるために使われる持ち手のない袋
     衣類などの商品を主に保護するために包む持ち手のない袋
  • 事業者からやむをえず提供され、消費者が辞退できない状態で提供される袋
     陳列されている時点ですでに商品が袋詰めになっている場合のその袋
     薬剤師法・獣医師法に基づき、調剤された薬剤の被包(薬袋)


 その他、詳しくは国のガイドラインをご確認いただくか、相談窓口にお尋ねください。

プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン(経済産業省・環境省)(外部リンク)

プラスチック製買物袋の有料化に関する相談窓口

 消費者向け電話:0570-080180
 事業者向け電話:0570-000930
 受付時間:月曜日から金曜日(祝日除く)午前9時から午後6時15分


有料化になって、どうしたらいいんだろう?

 有料化になって、次のことに気をつけてみよう。

マイバッグを使ってみよう

 令和2年7月から、買い物の時はほとんどのお店でレジ袋が有料化されました。

 レジ袋を毎回購入するよりも、マイバッグを使ったほうが資源の節約や、お金の節約につながります。


 有料化がスタートし、「自分はいつもどんなところで買い物をするだろう?」「どれくらいの量が入る袋があれば足りるだろう?」と考えてみましょう。

 あなたのライフスタイルにあったマイバックを、利用してみませんか。

レジ袋以外のプラスチック製品の使い方も考えてみよう

 生活に身近なレジ袋が有料化になることで、今もらっているレジ袋が本当に必要なのかどうか、考えるきっかけになります。レジ袋を価値あるもの、資源として見直すことで、あなたのライフスタイルに変化を起こしてみませんか。


 例えば

  • マイボトルを持って出かけ、ペットボトルを使う本数を減らす
  • お弁当を買って家で食べる時は、お店で使い捨てのスプーンやフォークを断る
  • 買い物をするときには、エコマークのついた環境負荷の少ない商品を選ぶ など

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 かんきょう課 リサイクル推進担当
電話 0942-53-4120
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る