固定資産税の縦覧制度

市では、自分の土地や家屋の評価について、ほかの土地や家屋と比べることで適正かどうかを判断できるように、納税者を対象に「土地価格等縦覧帳簿」と「家屋価格等縦覧帳簿」を税務課内で公開します。縦覧したい土地や家屋の所在地番を事前に確認して来てください。

 縦覧できる人

筑後市内に所在する土地または家屋に対して課税する固定資産税の納税者及びその代理人。

(注)代理人の場合は、委任状が必要です。

(注)縦覧には、申請者の運転免許証、被保険者証など、本人確認書類の提示が必要となります。

縦覧に供するもの

  土地については「土地価格等縦覧帳簿」、家屋については「家屋価格等縦覧帳簿」。それぞれの縦覧帳簿に記載されている内容は下記のとおりです。

  【土地価格等縦覧帳簿】・・・「所在」「地番」「地目」「地積」「価格」

  【家屋価格等縦覧帳簿】・・・「所在」「家屋番号」「種類」「構造」「床面積」「価格」 

        (注)縦覧帳簿にはプライバシー保護のため、所有者の氏名や住所は記載していません。

縦覧期間 

 4月1日(月)から5月7日(火)(固定資産税第1期の納期限の日)まで(土・日曜日、祝日を除く。)

 (注)縦覧期間経過後は、開示することはできません。

ページ上部へ