年金を受け取るために必要な期間が短縮されました

更新日 2018年02月02日

 1.何が変わったのですか?

     年金を受け取るために必要な期間(保険料納付済等期間)が、25年から10年に短縮されました。これにより新たに年金を受け取れる人が増えました。

2.手続きは必要ですか?

    該当者には、日本年金機構から「年金請求書」が送付されています。必要事項をご記入の上、必要書類と併せて久留米年金事務所(久留米市諏訪野町)など案内記載の提出先で手続きをお願いします。

 

3.いつから受給できますか?

   (1)平成29年8月1日時点ですでに65歳以上の人

   手続きをすると遡って平成29年9月分からご指定の口座へ振り込まれます。

  (2)平成29年8月1日以降に65歳になった人

   受給権発生日の翌月分からご指定の口座へ振り込まれます。

     「受給権発生日」は誕生日の前日です。

     なお、厚生年金の加入期間が1年以上で保険料納付済等期間が10年以上の人は、

   65歳になるより前に受給できる場合があります。

   ◎初回振込以降、2か月分の年金が偶数月に振り込まれます。

 

4.受給できる年金額はどうなりますか?

    年金保険料を納めた期間に応じて支給される年金額が決まります。保険料を納めた期間が長ければ、それだけ年金額が多くなります。

  また、国民年金の後納制度や任意加入により、年金額を増やすことができる場合がありますので、ご相談ください。

 

5.問い合わせ

     自分が対象者なのか、通知や年金請求書が届いたけれどどうすればいいのかなど疑問が生じた場合は、『ねんきんダイヤル』0570-05-1165)または久留米年金事務所0942-33-6192)までお問い合わせください。

 

   月曜日(月曜日が休日の場合は休日明けの初日) 8301900

   火~金曜日 8301715

   第2土曜日 9301600

  ◎ 土曜・日曜・祝日(第2土曜日は除く)は利用できません。

 

 

詳しくは、厚生労働省のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 福祉課 市民相談・年金担当 

電話 0942-65-7021
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ