高齢者の死亡事故が多発しています!!

更新日 2016年01月15日

福岡県内では、平成27年11月3日現在で117人(前年比+3)もの尊い命が交通事故の犠牲となられており、そのうち高齢者が64人(前年比+5)で全死者数の半数以上(54.7%)を占めています。

特に、同年10月に入ってから11月3日までの間に、交通死亡事故が14件発生し、そのうち11件(約8割)が高齢者が死亡する事故で「高齢歩行者が死亡する事故(5件)」「 高齢運転者が加害者となる事故(7件)」が多発しています。

皆さんも交通ルールを守って、悲惨な交通事故をなくしましょう! 


【道路を横断する場合】 
 ・近くに横断歩道がある場所は、必ず利用しましょう。
 ・道路を横断する際は左右の安全をよく確認しましょう。
 ・夕暮れ時や夜間に外出する際は、明るい色の服や反射材を着用しましょう。

新しい画像 (1).bmp


【車を運転する場合】
 ・年齢とともに、視力は低下し、ブレーキなどへの反応時間は遅くなります。余裕を持った安全運転を心がけましょう!!
 ・横断歩道では歩行者の安全を守ってください!! 安全確認が しっかりできる速度と方法で運転しましょう!
 ・前方をよく見て、横断歩行者をいち早く発見しましょう!

新しい画像 (4).bmp


《ドライバーの皆さんへ》
 ・夕暮れ時の早めのライト点灯、 周囲に配慮したハイビーム走行を心掛けましょう!

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 防災安全課 

電話 0942-65-7260
FAX 0942-53-4216 

お問い合わせフォーム

ページ上部へ