ちくご移住計画アーティスト編 | ふくおかトライアルワーキングステイ2015 筑後市編

更新日 2015年08月31日
進化していくアーティスト・イン・レジデンス「ちくご移住計画 アーティスト編」 

当プログラムの募集は終了しました。多数のご応募をいただきありがとうございました。

 

 

  筑後市では、これまでの2年間「ちくご移住計画 アーティスト編」と称したアーティスト・イン・レジデンスプログラム(※)を実施してきました。(昨年までの様子は、筑後田園都市推進評議会ポータルサイト「ちくご暮らし」(外部サイト)内、「ちくご移住計画参加者ブログ」(外部サイト)にてご覧いただけます。 )

 

   ※アーティスト・イン・レジデンス…アーティストを一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながら作品の制作をおこなってもらう事業。作品の制作だけでなく、ワークショップや地域住民との共同制作を行うこともある。 

 

 

 3年目となる2015年度は、九州芸文館が実施するアートプロジェクト「筑後アート往来 ~CHIKUGO ART TRAFFIC~」において、海外から招へいする作家と共に、九州芸文館で発表する作品を滞在制作するアーティストを募集します。

 また、今年は「筑後アート往来」に関する情報発信とレジデンスアーティストの制作サポートを行っていただく、アートマネージャー研修プログラム参加者の募集も同時に行います。 

 

 

 

 

 

「筑後アート往来 ~CHIKUGO ART TRAFFIC~」フライヤー 

  

 

  なお、2015年度の「ちくご移住計画 アーティスト編」は、福岡県が実施する「ふくおかトライアルワーキングステイ2015」の一環として実施されます。

 

ちくご移住計画 アーティスト編(ふくおかトライアルステイ2015 筑後市編)概要  

 福岡県南部の筑後エリアは平野、川、山、海を持ち、農産物海産物が豊富であり、九州の交通要所としても、アジアを中心とする海外交流の拠点としても、古代から常に重要な交流拠点として栄えてきた地域です。岩戸山古墳を始めとする多くの古墳群や、近代以降の様々な文芸、工芸、芸能、美術などの才能と作品に恵まれています。

 

 平成 25 年 4 月、筑後市に開館した九州芸文館。地域の魅力を発信することで、筑後地域の振興や発展に寄与・活用されることを目的として整備されたこの施設では、平成 27 年度、国内外の芸術家が訪れ、そこへ住民が集まり、作り、見聞きし、語りあう芸術文化交流拠点となることを目的とするアートプロジェクト、「筑後アート往来 2015」が実施されます。

 

 本プログラムでは、この「筑後アート往来2015」に参加し、『「筑後ならではの素材」を用いたアート作品を制作・発表する』という仕事、または「筑後アート往来 2015」で招聘する国内及び海外の作家の作品制作補助及びプログラムに係る情報発信の仕事をしながら筑後市での生活を送ることにより、活動拠点・制作拠点として、また生活の場としての筑後市を体感してもらうことを目的としています。   

 

事業実施主体

 主催 : 福岡県、筑後市、九州芸文館

 協力 : 福岡R不動産(プログラム受託事業者)、ART BASE 88(筑後アート往来 企画)

  

事業実施期間

 2015年1015日(木)~1225日(金)(展示・発表期間を含む)

 

募集定員

【アーティスト版】 

1組(個人・団体)

 ※ご家族や制作アシスタント等との参加を希望する場合は申込書にご記入下さい。

 

【アートマネージャー研修版】

1組(個人のほか家族の同伴可。)

 ※ご家族との参加を希望する場合は申込書にご記入ください。  

 

プログラムにおける活動内容

【アーティスト版】 

  1. ちくご暮らし体験施設「筑恋邸」での、筑後地域の地域資源「久留米絣」をテーマとした作品の制作
  2. 九州芸文館での作品の展示・発表
  3. アーティストトークや市民を対象としたワークショップなど市民との交流プログラムの企画・実施
  4. ブログによる制作過程や地域情報の発信

【アートマネージャー研修版】

  1. 九州芸文館で実施される「筑後アート往来 2015」における海外招聘作家、国内招聘作家の作品制作補助
  2. 「筑後アート往来 2015」の実施に係る情報発信  

 

 事業参加者への助成

【アーティスト版】 

  1. 引っ越し費用補助:上限3万円
  2. 作品制作費:上限25万円
  3. 委託料(情報発信業務の報酬として):12万6千円 

 

【アートマネージャー研修版】

委託料:12 万 6 千円(情報発信業務の報酬として) ※最低でも滞在中、週3回の更新を義務とします。  

 

その他、詳しい募集内容や応募方法等については、福岡県移住・定住ポータルサイトおよび福岡R不動産 特設サイトに掲載しております。 

 

応募締切

 平成27年8月18日(火)17時00分(必着) 

 

選考について

 参加申込書の内容 および提出資料の内容をもとに、選考委員による選考を行います。選考結果については電子メールによる通知のほか、筑後市ホームページへの結果掲載によりお知らせいたします。

 

選考委員(アーティスト版)

 筑後市長  中村 征一

 九州大学大学院 人文科学研究院教授  後小路 雅弘 

 ART BASE 88 代表/「筑後アート往来」ディレクター 宮本 初音 

 緒方絣工房/AIGOTO 末續 日富美 

 九州芸文館館長  津留 誠一

 九州芸文館  小川 徹也   

 

 関連リンク

 当プログラムの応募に関すること

 福岡県移住・定住ポータルサイト(外部リンク)

 

 プログラムの紹介

 福岡R不動産 特設サイト(外部リンク)

 

 当プログラムの共催団体について

 九州芸文館 (外部リンク)

 

 筑後アート往来2015について

 ART BASE 88(外部リンク)

 筑後アート往来2015 Facebookページ(外部リンク) 

  

 昨年のプログラムの様子について

 「ちくご移住計画参加者ブログ」(外部リンク/筑後田園都市推進評議会) 

 

 

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 企画調整課 地方創生担当 

電話 0942-53-4245
FAX 0942-52-5928  

 お問い合わせフォーム

ページ上部へ