トップページ>市政情報>職員>職員提案>第3回提案>【第3回 奨励賞】 健康連絡帳(職員健康診断結果表に家族確認欄を設ける。)

【第3回 奨励賞】 健康連絡帳(職員健康診断結果表に家族確認欄を設ける。)

更新日 2013年02月28日
提案者 教育部社会教育課文化スポーツ係 主査 綾部 純
現状・問題点 毎年職員健康診断を実施しているが、なかには結果表だけみて生活習慣改善につながって無い方が結構いる。さらには要精密なのに精密検査を受診しない方もいる。人によっては健康診断が無意味になっている方もいる。
提案内容 家族が互いに健康状態を把握して、互いに想いあって生活しないと、実際には生活改善に結びつかない。そこで健康診断表に家族確認欄を設けて、家族に確認のサインしてもらって、再度人事担当課へ提出する。ただし、プライバシーの面もあるので、強制はしない。制度導入というだけではなく、取り組みとするものである。(このことは子どもの保育園の連絡帳をみて、思いつきました。)
実施に要する
費用(見込み)
なし
提案の効果 個々の健康に対する意識づけの問題だから、どれだけ効果があるかわかりませんが、特に女性職員は仕事、家庭の両立で、かなりの負担があるといわれています。これをきっかけに、家族の各々が健康に対して、意識づけをもてば、身体的な健康面だけではなく、メンタル面も含めて多大な効果の可能性有り。(昨年秋自分の妻が入院したことから、このことを痛感しました。)

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 市長公室 
電話 0942-65-7009
FAX 0942-52-5928 
お問い合わせフォーム 

ページ上部へ