海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について

更新日 2021年07月21日
令和3年7月26日から申請を受け付けます。

ワクチン接種証明書の概要

接種証明書は、予防接種法に基づいて実施された新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。

記載内容

接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日等)及び新型コロナウイルス感染症のワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)に加え、海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等を記載することとしており、これらの情報を日本語と英語で表記します。また、偽造防止対策を行っています。

申請と交付

対象

接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと。
  2. 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

したがって、次のような方は対象になりません。

  • 海外渡航時の利用を目的としない方(当分の間)。
  • 国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)。

申請先

接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)に申請します。

接種後に転出された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

申請に必要なもの

  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 (PDF形式:74KB)
  2. 海外渡航時に有効な旅券(パスポート)またはその写し
  3. 接種済証または接種記録書(紛失した場合は、予診票の写しでも可)
  • 接種券番号がわかるものを提示されるとスムーズに申請できます。
  • 接種済証、接種記録書、予診票の写しのいずれもない場合、交付までに時間を要します。

申請方法

上記の申請に必要なものを筑後市役所ワクチン接種対策室に提出してください。

注)代理人が申請する場合、委任状 (PDF形式:22KB)も必要です。

注)郵送で申請する場合、返信用封筒(切手貼り付け必要)も必要です。

申請先

〒833-8601 筑後市大字山ノ井898番地 筑後市役所 ワクチン接種対策室

(窓口は東庁舎1階 健康づくり課)

電話番号:0942-53-4231

交付

ワクチン接種記録システム(VRS)に、接種記録が問題なく登録されていれば、即日交付します。

接種記録の確認が必要な場合、交付までに1〜2週間を要します。

接種証明書の一般的・制度的事柄に関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)

電話番号:0120-761770

関連リンク

厚生労働省ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」(外部リンク)

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 ワクチン接種対策室
電話 0942-48-1970

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る