負担割合証について

 平成27年8月1日から、65歳以上(第1号被保険者)の方のうち、一定所得以上の方は介護保険サービスを利用するときの自己負担割合が2割になります。

  これまで、介護保険サービスの自己負担割合は原則1割でしたが、介護保険法の改正により、平成27年8月1日から65歳以上(第号被保険者)の方のうち、一定所得以上の方は介護保険サービスを利用するときの自己負担割合が2割に変更となります。

 介護保険サービスを利用する際には、必ず「介護保険負担割合証」を担当のケアマネージャーやサービス事業所、介護保険施設等に提示してください。

(注)自己負担額には、月額の上限額(高額介護サービス費)があるため、実際の負担額は必ずしも2倍になるとは限りません。 

 

 2割負担の判定基準

 本人の合計所得金額が160万円以上の方。

 ただし、年金収入とその他の合計所得金額の合計が単身で280万円未満の場合や、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上いる世帯で合計所得金額が346万円未満の場合は、1割負担となります。

 

 

【負担割合のフロー図】

フロー図.jpg

(注)40~65歳以下(第2号被保険者)の方は、1割負担のままとなります。

 

【負担割合証のサンプル】

負担割合証.jpg

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 高齢者支援課 介護保険サービス担当 

電話 0942-53-4115
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ