ヒメイワダレ草による法面緑化について 

   筑後市クリーク対策協議会では、クリーク対策事業として、ヒメイワダレ草の植栽を推進しています。

  ヒメイワダレ草を植栽した場所は、景観も良く、クリーク法面保護や草刈り作業の軽減につながっています。冬は、葉が枯れ落葉し、茎も茶褐色の枯れた状態になりますが、春になればまた緑になります。また、カーペット状に無数の白くて小さな花が、6月から9月頃まで長期間咲き、美しい景観が保てます

 法面を覆うまでは、こまめに雑草を除去する必要がありますが、覆ってしまえば、根が張りしっかり法面の保護をし、危険で重労働な草刈り作業も不要になり、手入れが簡単です。 

中牟田行政区の例(平成22年5月植栽)

 写 真

  

 ヒメイワダレ草春.JPG  【春から夏の状況】

 

  白い花と緑の葉がとてもきれいです!

   法面もしっかり保護し、草刈りは、侵入した雑草の抜き取り程度で、大丈夫です。

 ヒメイワダレ草冬JPG.JPG

 【冬の状況】

 

 冬は枯れた状態になりますが、春にはまた上の写真のようになります! 

 

ヒメイワダレ草の特徴とメリット

 ヒメイワダレ草(学名:リッピア・カネスケンス)   ヒメイワダレ草.JPG

  クマツヅラ科の多年草

 東南アジアから南米にかけての亜熱帯に自生

 グランドカバープランツ(地被植物)の一種

 道路・水路等の法面を始め様々な場所の緑化に適しています。 

 

  1. 外来種ですが、種でなく、葡蔔茎(ホフクケイ)で伸びます。
  2. 草丈は 5cm~7cmと短い為、草刈りの心配がありません。
  3. 繁殖力が強く、他の雑草の抑制効果があります。
  4. 6月から9月にかけて小さな花が無数に咲きます。
  5. 水中では成長しないので、水田内及び水路内への侵入が殆どありません。
  6. 赤土(ph4.5以下)等特に地力が低い土壌以外、肥料は不要です。
  7. カメムシ等害虫の寄生性が極めて低く、斑点米の発生が最小限です。
  8. 根雪日数120日でも越冬し、北陸・東北地方でも実証済みです。

 筑後市内のヒメイワダレ草植栽状況

  • 平成22年度  中牟田行政区
  • 平成23年度  久保行政区、下妻行政区、常用行政区、富安行政区
  • 平成24年度  久保行政区、下富久行政区、中折地行政区、水田中行政区
  • 平成25年度  久保行政区、島田行政区、下富久行政区
  • 平成26年度  久保行政区、島田行政区、下富久行政区 

 上記は、筑後市クリーク対策協議会での実施行政区ですが、その他、国・県の事業や市の原材料支給により植栽をした行政区(野町行政区、井上行政区等)もあります。

植栽は梅雨前がオススメです!

 下富久行政区の例(平成25年5月植栽)

 写 真 成長記録
 下富久6月.JPG  

H25.6.18撮影

 

 地元の皆さんで、手際良く植栽作業されました!

 植栽初期は水やりが必要です。白いシートは、雑草を抑制します。隙間から生えた雑草を抜き取ります。

 

 

 下富久7月.JPG

H25.7.22撮影

 

 2ヶ月でこんなに繁殖しました!

 全面を覆うまでは、こまめな雑草の抜き取りが重要です。

 

 

 下富久8月.JPG

H25.8.29撮影

 

 3ヶ月で全面を覆い、白い花も満開です!

 ここまで覆えば、雑草も生えにくく、草刈りもかなり軽減されます。 

 

 

 下富久9月.JPG

H25.9.26撮影 

 

 徐々に枯れてきましたが、また来春には 緑の葉になります!

 来年からは、手入れも簡単です!

 

 

  詳しくは、筑後市クリーク対策協議会事務局(水路課)へお問い合わせください。 

このページの作成担当・お問い合わせ先

建設経済部 水路課 水路庶務担当 

電話 0942-65-7032
FAX 0942-54-0335 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ