82 徳久中牟田遺跡

更新日 2019年04月05日

用語集

 

遺跡番号

82

遺跡名

徳久中牟田遺跡
ふりがな とくひさなかむたいせき

調査次数

1次

種類

集落

時代

鎌倉時代から室町時代
内容

【遺構】溝、土坑、落込み状遺構
【遺物】
土師器:小皿、坏、土鍋、壷、甕、高坏、椀
須恵器:甕、壷、坏

瓦器:椀
瓦質土器:すり鉢
磁器:白磁碗、龍泉窯系青磁碗、龍泉窯系青磁皿、同安窯系青磁碗
石器:石鏃
中世の集落周辺遺跡です。調査区を東西に走る溝からは完形の瓦器椀がまとまって出土しています。

図面 082徳久中牟田遺跡1次(新しいウインドウが開きます(PDF形式:45KB)
写真 徳久中牟田遺跡第1次調査全景空中写真

 

徳久中牟田遺跡第1次調査完掘状況写真

 

徳久中牟田遺跡第1次調査遺物写真

 

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

筑後市郷土資料館
〒833-0027 福岡県筑後市大字水田17番地2 

電話 0942-53-8246
FAX 0942-53-8246 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ