自転車を安全に利用しましょう!

更新日 2016年01月15日

 

 自転車が関連する交通事故は全事故の約2割を占めています。また、自転車は「車のなかま」なので、原則として車道を走らなければなりません。

 自転車に乗るときは、ルールを守り、安全な運転を心がけましょう。また、車の運転者や歩行者も自転車のルールを知って、お互いを思いやり安全を心がけましょう。

    

運転者・歩行者等は 

 ・自転車は「車両」であることを認識し、「自転車安全利用五則」を守りましょう。
 ・携帯電話やヘッドホンを使用しての運転、傘差し運転等の危険な運転はやめましょう。
 ・夕暮れ時は早めにライトを点灯するとともに、反射材用品を活用しましょう。
 ・路側帯を通行するときは、道路左側の路側帯を通りましょう。
 ・歩道を通行する際は、歩行者優先で周囲の状況を確認し、安全な通行を心がけましょう。 

新しい画像 (8).png

家庭・地域では

 ・自転車運転の危険性や事故を起こしたときの重大性について話し合いましょう。
 ・児童又は幼児を自転車に乗車させるときは乗車用ヘルメットを着用させましょう。
 ・万が一の事故に備えて、自転車の保険の加入に努めましょう。

新しい画像 (12).png

職場では
 ・「自転車安全利用五則」を活用し、自転車利用者に安全な自転車の通行方法について指導しましょう。
 ・夕暮れ時の早めのライト点灯や反射材用品の活用について指導しましょう。
 ・自転車事故の重大性や、自転車は「車両」であることを再認識し、正しい通行方法等について話し合いましょう。

 新しい画像 (6).png

 自転車安全利用五則 (PDF形式:376KB)  

 

   警視庁ホームページ (外部リンク)

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 地域支援課 

電話 0942-65-7065
FAX 0942-53-4216 

 お問い合わせフォーム

ページ上部へ