所得税・市県民税の申告はお早めに

申告会場はこちら

 申告は「サンコア会場」のほか、「校区会場」でも受け付けます。校区会場での受付は、年金や給与所得だけの人を対象としています。

 収支内訳書の作成が必要な人(営業・農業・不動産所得などがある人)は、サンコア会場や農業収支内訳書作成会に来場してください。

 また、申告期間の序盤と終盤は、例年多くの人で混み合いますので、時間に余裕を持って申告してください。


(注)今回から、税務署職員・税理士による確定申告相談はありません。

申告会場来場の際の注意点

 今回の申告受付会場は、新型コロナウィルス感染症の感染防止策を講じてたうえで行いますので、ご協力とご理解をお願いします。

  1. マスクの着用・アルコール消毒液の利用
  2. 検温の実施(37.5度以上発熱が認められる場合は、原則入場をお断りさせていただきます。)
  3. 必要最小人数での来場

 ※申告会場混雑回避のため、入場制限をさせていただく場合があります。

サンコア会場

 と  き

 受付時間

対象校区 

 会  場

 2月9日(火)~3月15日(月)

(土・日・祝日・休日を除く) 

 8:30~11:00

13:00~15:00 

 全校区 第6講習室

(注)平日に申告できない人は、3月7日(日)(受付時間=8:30~11:00)にサンコア会場で申告を受け付けます。

(注)還付申告は2月9日(火)から受け付けます。

(注)午前の受け付けは、70人になり次第締め切り、13:00から再開します。

校区会場(対象:年金や給与だけの人)

と  き 

受付時間 

対象校区 

会  場 

 2月1日(月)

9:30~11:00

 水洗小学校区

尾島公民館

13:30~15:00 

 古島小学校区

井田上公民館 

 2月2日(火)

9:30~11:00

 下妻小学校区

馬間田公民館

 13:30~15:00 

 古川小学校区

 久恵公民館

 2月3日(水)

9:30~11:00

西牟田小学校区

 西牟田町公民館

 13:30~15:00 

 二川小学校区

若菜公民館

 2月4日(木)

9:30~11:00

水田小学校区

水田コミュニティセンター

13:30~15:00  松原小学校区 久富公民館

 2月5日(金)

9:30~11:00

 筑後北小学校区

 市北部交流センター「チクロス」

・農業収支内訳書作成会(対象:農業所得のある人)

 と き

受付時間 

 対象校区

 会 場

 1月26日(火)~1月29日(金)

8:30~11:00

13:00~15:00 

 全校区  サンコア2階第6講習室

 市県民税・国民健康保険税の申告

  市では、市県民税と国民健康保険税の申告を受け付けます。申告がない場合、国民健康保険税の軽減や、適正な保育料等の算定ができないだけでなく、児童手当や金融機関の融資等に必要な所得証明書等が発行できなくなる可能性があります。忘れずに申告しましょう。

 市県民税の申告が必要と思われる人へ、事前に申告書を送付します。申告書が届いた人は申告してください。

 ただし、所得税の確定申告をする人や、給与所得だけの人で「給与支払報告書」が勤務先から市役所に提出されている人、公的年金収入だけで他に申告すべき控除がない人は、申告不要です。

 

【期間】2月15日(月)~3月15日(月)

(注)土・日・祝日・休日を除く

(注)申告期限が延長されました。申告会場などは、申告期限の延長についてをご覧ください。

【対象】令和3年1月1日現在市内に住んでいて、令和2年1月から令和2年12月までに次のことに該当する人など

・営業、農業、不動産、配当、雑(個人年金等)、一時(生命保険満期返戻金等)などの所得があった。

(注)営業、農業、不動産所得の申告をする人は、収支内訳書を作成して持参してください。記入がない場合は、受付の順番どおりにならないことがあります。

・給与所得者で、給与所得以外の所得金額が20万円以下だった。

・公的年金などの収入金額が400万円以下で、それ以外の所得金額が20万円以下だった。 

・収入が障害年金、遺族年金だけだった。

・収入がなく他の家族の扶養親族となっていない。 

・高額の医療費を支払った。

(注)医療費控除を受ける人は、明細書(個人ごとの医療費の領収書の合計額と保険金などで補てんされる金額を記入)を作成して持ってきてください。明細書用紙は税務課窓口にも用意しています。 

所得税の確定申告 

【期間】2月15日(月)~3月15日(月)

(注)土・日・祝日・休日を除く

(注)申告期限が延長されました。申告会場などは、申告期限の延長についてをご覧ください。

(注)還付申告は、2月9日(火)から受け付けます。

(注)確定申告書などの用紙は、1月20日以降に税務課にて受け取ることができます。

【対象】所得税を納める必要がある人や所得税の還付を受ける人など

サンコア会場と校区会場での受け付けができない人

 土地や建物・株式などの譲渡所得や先物取引がある人、家を新築・増改築・改修した人、青色申告や消費税・贈与税などの申告は、サンコア会場・校区会場では受け付けることができません。次の会場で申告してください。

【とき】1月25日(月)~3月15日(月)9:00~16:00

 (注)土・日・祝日・休日を除く

【会場】八女伝統工芸館(八女市本町)

【問合せ】八女税務署(0943-23-5191)音声案内に従って番号を選択してください。

  (注) 期間中は八女税務署での申告相談は行いません。

 (注)会場の混雑緩和の観点で2月15日(月)までの期間は、雑損控除・住宅借入金等特別控除、公的年金受給   者で確定申告が必要な方を中心とした申告相談を行います。

  (注) 混雑状況等により受け付けを早めに終了する場合があります。

  (注) 八女伝統工芸館へのお問い合わせはご遠慮ください。

 申告には次のものが必要です

1 申告する人のマイナンバーカード(マイナンバーカードがない場合は「通知カード」または「番号が記載された住民票」と「顔写真付きの身分証明書(免許証など)他」
2  印鑑(認印で可) 
3  申告書または確定申告のお知らせはがき
4 【給与や年金所得者】 給与や年金の源泉徴収票
5 【事業や不動産所得者】収支内訳書、必要な帳簿書類又は領収書、支払調書など
6 【個人年金や満期返戻金のある人】 支払調書
7  国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料等の納付証明書、国民年金保険料の社会保険料控除証明書又は領収書
8

 生命保険料や地震保険料(旧長期損害保険料)の控除証明書 

9

【医療費控除】明細書(個人ごとの医療費の合計額と、保険の補てん金がある場合はその金額を記入)か、集計後の領収書または医療費通知書と保険の補填金がある場合は金額が分かるもの。おむつ代を控除する場合は「おむつ使用証明書」、セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は「一定の取り組みを行ったことを明らかにする書類」が必要です。

(注)明細書は、国税庁HPでダウンロードするか税務課窓口にあります。

10 【障害者控除】障害者手帳など
11 【寄附金控除】寄付先が発行する領収書や受領証明書など
12

【所得税が還付される人】 振込口座がわかるもの

 (注)1から3は、申告するすべての人が必要です。4以降は、該当するものがある人が必要です。

 郵送でも提出可能です

 申告会場は大変混雑します。申告書に必要事項を記入のうえ必要書類を添付し郵送することもできます。

・市県民税申告書の送付先=〒833-8601 筑後市大字山ノ井898 筑後市役所税務課

・確定申告書の送付先=〒834-0031 八女市本町510 八女税務署

 

障害者控除対象者認定書を交付します

 身体障害者手帳などの交付を受けていない、65歳以上(令和元年12月31日現在)の寝たきりや認知症の人は、市から「障害者控除対象者認定書」の交付を受けられる場合があります。

 同認定書の交付を受けると、障害者控除の対象になります。

【問合せ】 高齢者支援課 高齢者支援担当(53-4255)

 

介護保険サービス利用料やおむつ代の医療費控除

 介護保険サービスの「在宅サービス」や「施設サービス」を利用した人は、自己負担分が医療費控除の対象となる場合があります。申告にはサービス提供事業者が発行した領収書が必要です。詳しくは問合せ先へ。

 治療上必要なおむつ代も医療費控除の対象になる場合があります。申告には領収書と医師が作成する「おむつ使用証明書」が必要です。ただし、要介護認定を受けている人が2年目以降引き続き控除を受ける場合は、次の要件を満たせば市が発行する証明書で医療費控除を受けられる場合があります。

【要件】 要介護認定に係る主治医意見書で、寝たきり又は寝たきりに近い状態であること、かつ尿失禁の状態であることなどが確認できること。

【問合せ】 高齢者支援課 介護保険担当(53-4115)


八女税務署からのお知らせ  【問合せ】 八女税務署(0943-23-5191)

 申告期限と納期限

 ・所得税や贈与税=令和3年3月15日(月)

・個人事業者の消費税及び地方消費税=令和3年3月31日(水)

申告会場来場の際の注意点

 令和2年分確定申告会場は、以下5点の新型コロナウィルス感染症の感染防止策を講じます。

  1. 入場整理券の配布(会場入場には「入場整理券」が必須)
  2. 入場整理券の配布状況により早めの受付終了
  3. マスク着用、アルコール消毒液利用のお願い
  4. 必要最小人数での来場のお願い
  5. 検温の実施(37.5度以上の発熱が認められる場合は原則として入場をお断りさせていただきます。)

パソコンやスマホ等で申告書が作成できます

 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、パソコンに加え、スマホやタブレットでも所得税の確定申告書の作成ができます。

 さらに、「マイナンバーカード」及び「ICカードリーダライタ」又は、「ID・パスワード方式の届出完了通知」をお持ちの方は、税務署に出向くことなくe-Taxで申告書を送信することができます。(源泉徴収票などの添付書類は提出不要です)

 令和2年分確定申告では、新型コロナウィルス感染防止の観点からも、ご自宅からe−Taxを利用して下さい。

 詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。

国税庁ホームページ (外部リンク)

消費税の申告は区分経理が必要です

  令和元年10月1日から、消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引き上げられると同時に、「酒類・外食を除く飲食料品」及び「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」を対象に消費税の軽減税率制度が始まりました。

 軽減税率の対象品目の売上げや仕入れ(経費)がある事業者の方は、区分経理をした帳簿に基づき 「課税取引金額計算表」の作成が必要となります。

 軽減税率制度についての詳しい情報は、国税庁ホームページをご覧ください。

国税庁ホームページ (外部リンク)

確定申告書には、マイナンバーの記載が必要です

  確定申告書を税務署へ提出する際は、毎回、申告者ご本人や扶養親族等のマイナンバーの記載と申告者ご本人の本人確認書類(注)の提示又は写しの添付が必要です。

(注)例1=マイナンバーカード、例2=通知カード+運転免許証や公的医療保険の被保険者証など

(注)e-TAXで確定申告書等を送信する場合は、本人確認書類の提示又は写しの添付は不要となります。

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 税務課 市民税担当
電話 0942-65-7012
FAX 0942-65-7071

 お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る