本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>市民の方へ>健康・医療・保険>健康・健診>ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎にご注意ください

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎にご注意ください

更新日 2020年12月14日

 例年、11月から翌年2月にかけての時期は、腹痛・下痢・嘔吐を主な症状とする『感染性胃腸炎』の感染が多数報告されますが、特にノロウイルスによると思われる感染性胃腸炎の集団発生例の報告が続いています。 ノロウイルスの発生は1年を通してみられますが、12月から翌年1月頃にピークになる傾向があります。

   ノロウイルスは非常に感染力が強く、特に保育園や幼稚園、高齢者に関わる社会福祉施設等で集団感染につながるおそれがあるので、注意する必要があります。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎については、『ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)』を参考に感染予防を行ってください。


『ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)』  (PDF形式:311KB)

『保育施設における感染性胃腸炎の集団発生について』(福岡県 令和2年12月11日発表)

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当
電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る