本文へ

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す黄色に変更する青色に変更する黒色に変更する

  • gホーム
  • g市民の方へ
  • g事業者の方へ
  • g観光・イベント
  • g市政情報
  • g担当課から探す
トップページ>市民の方へ>健康・医療・保険>健康・健診>新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

更新日 2021年10月15日

引き続き、感染防止対策の徹底を!

STOP!!新型コロナ(一人一人ができること)】 

福岡コロナ警報は10月14日をもって解除されました。

なお、県は、県民に対し、基本的な感染防止対策や外出、飲食に関する要請を行っています。

感染拡大防止のため、市民の皆さまには県の要請に沿った行動をとっていただきますようお願いします。

各種イベントや会議等について、引き続き、徹底した感染防止対策を講じていただきますようお願いします。

感染拡大防止のためには、引き続き市民の皆さま一人一人が、手洗いや咳エチケットなどの感染予防の基本的な行動をとっていただくことが大切です。

さらに、集団感染のリスクを高める三密(密閉空間・密集場所・密接場面)の状況を回避していただくことも大切です。


あなたの大切な人の命を守るために、一人一人の行動が重要です。ご理解とご協力をお願いします。

筑後市新型コロナウイルス感染症対策本部

ページ更新情報

(10月15日更新)筑後市長メッセージを更新しました。

(10月12日更新)筑後市内における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況を更新しました。


筑後市長メッセージ(10月15日)

市民・事業者の皆さまにおかれましては、長きにわたり「新しい生活様式」のもと、新型コロナウイルス感染防止対策にご協力いただき、心より感謝申し上げます。

福岡県は、現在の感染状況や医療への負荷の状況を踏まえ、発令していた福岡コロナ警報を解除しました。その上で、再拡大を防ぐための行動を県民に対し要請しています。市民の皆さまは県の要請に沿った行動をお願いします。


また、ワクチン接種につきまして、より多くの方に接種していただくため、未接種の方へ勧奨ハガキをお送りしたところですが、若い世代の予約が進んでいません。そこで、現在、未接種者の第5次予約受け付けを実施すべく日程を調整しています。未接種の方は、ぜひご検討をお願いします。また、3回目の接種についても、国からはまだ具体的には示されていませんが、いろいろな可能性を想定して準備を始めています。決定しだい市ホームページ等でご案内いたしますので、お見逃しのないようにお願いします。


さて、本日、筑後市新型コロナウイルス感染症緊急対策第12弾の実施を決定しました。今回の対策は2本あり、1つは中小企業者の事業継続を支援する月次支援金で、令和3年5月から10月までの6か月分を対象に支援します。もう1つは、マイナンバーカードの取得促進事業です。デジタル行政の基盤となるマイナンバーカードの取得を促進するため、マイナンバーカードを申請取得した方に対し、市内で利用可能な商品券を配布します。未取得の皆さんは、ぜひこの機会にマイナンバーカード取得の手続きをお願いします。


感染の再拡大を防ぐためにも、ワクチン接種はもちろん、引き続き基本的な感染防止対策を徹底し、社会全体でコロナを抑え込んでいきましょう。

新型コロナウイルス感染症への対応について(県発表)

新型コロナウイルス感染症への対応について、福岡県ホームページ(外部リンク)に詳細が掲載されています。

筑後市の対応

市では、「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を随時開催し、今後の対応などを協議しています。

●市の緊急対策概要

筑後市新型コロナウイルス感染症緊急対策の概要(第1弾~第12弾) (PDF形式:200KB)

市独自の緊急対策について(第12弾:10月15日)

緊急対策第12弾の内容は以下の通りです。

●筑後市事業継続月次支援金

●マイナンバーカード取得促進事業


市独自の緊急対策について(第11弾:9月24日)

緊急対策第11弾の内容は以下の通りです。

●市民生活支援事業(衛生用品配付事業)

●結婚応援事業(お茶セット配付事業)

●筑後市公式LINE構築事業

●スマート行政推進事業(RPAの導入)

●投票所感染防止対策事業

●保険料等減免対策事業

●保育所等業務効率化(ICT化)推進事業

●感染拡大防止事業(トイレ洋式化〈シルバーワークプラザ・教育研究所〉)

●修学旅行キャンセル料等支援補助事業


市独自の緊急対策について(第10弾:6月15日)

緊急対策第10弾の内容は以下の通りです。

●保育施設感染症対策支援事業

●ワクチン接種協力医療機関支援金

●抗原検査キット備蓄事業

●サザンクス筑後感染拡大予防・活動支援環境整備事業

●中央公民館トイレ改修事業

●プレミアム商品券発行事業【第3弾】

●学習支援員等配置事業

●学校教育活動継続支援事業


市独自の緊急対策について(第9弾:4月30日)

緊急対策第9弾の内容は以下の通りです。

新型コロナウイルスワクチン接種者タクシー利用支援事業

・キャッシュレス化推進事業

・感染拡大防止事業(市施設・小中学校手洗い用水栓の改修)

・避難所等感染防止対策事業

・サンコア空調改修事業

・市職員テレワーク環境整備事業

・市庁舎無線LAN化事業


市独自の緊急対策について(第8弾:3月24日)

緊急対策第8弾の内容は以下の通りです。


失業者見舞金給付事業

「新しい生活様式」移行支援事業〈拡大・期間延長〉

臨時特別出産祝金〈期間延長〉

・飲食店応援クーポン発行事業(第2弾)

・議会ICT化事業

・行政手続オンライン化事業

・介護認定審査会リモート環境整備事業

・筑後市立病院交付金

・新入生支援事業~花束プロジェクト~

・中学校特別教室への空調整備事業

・筑後市指定管理者事業継続支援金

・図書の消毒機購入と電子書籍の整備


市独自の緊急対策について(第7弾:12月11日)

緊急対策第7弾の内容は以下の通りです。


プレミアム商品券発行補助金(第2弾)

・小中学校再開支援事業(第2弾)

・小中学校修学旅行キャンセル料


市独自の緊急対策について(第6弾:9月25日)

緊急対策第6弾の内容は以下の通りです。


防災支援体制整備事業

・筑後市家庭学習環境整備支援事業


市独自の緊急対策について(第5弾:8月7日)

緊急対策第5弾の内容は以下の通りです。


●新しい生活様式移行事業

●筑後市持続化給付金事業

●医療機関・高齢者施設・障害者福祉施設・保育施設等従事者慰労金の支給

●筑後市観光バス・タクシー・宿泊事業者応援給付金

●行政区活動感染症拡大防止対策事業

●保育施設感染症対策支援事業

●小中学校再開支援事業

●学習支援員等配置事業

●救急車等への除染装置配備

●スマホアプリ収納環境構築事業

●公共施設予約システム導入事業

● Web会議環境整備事業


市独自の緊急対策について(第4弾:7月10日)

緊急対策第4弾の内容は以下の通りです。


●家賃応援給付金の支給

●飲食店応援クーポンの発行

●プレミアム商品券の発行

●就学援助

●高齢者見守り訪問の実施

●臨時特別出産祝金の支給

●避難所の感染防止対策

●サザンクス筑後の感染防止対策

●小中学校の衛生用品等の調達

●小中学校のICT環境を整備

市独自の緊急対策について(第3弾:6月12日)

緊急対策第3弾の内容は以下の通りです。


ひとり親家庭緊急応援金

・GIGAスクール1人1台パソコン整備

・教育施設の衛生環境改善事業

・防災備蓄整備事業

・感染症拡大防止事業(庁舎内等の感染防止資材購入)


市独自の緊急対策について(第2弾:5月12日)

緊急対策第2弾の内容は以下の通りです。


【離職者支援】

内定取消者・失業者等の緊急雇用

【中小企業・小規模事業者対策】

●飲食店等応援事業

【教育支援】

●就学援助対象者に特別給付金を支給

【生活困窮者自立支援】(国の事業)

●住居確保給付金

【終了した対策】

●新型コロナ感染拡大防止休業支援金

●ちくご市がんばる家族支援事業

●家族deえほんプロジェクト

●筑後市奨学会一般奨学生志願者への奨学金

市独自の緊急対策について(第1弾:4月22日)

緊急対策第1弾の内容は以下の通りです。


【中小企業・小規模事業者対策】

●中小企業向け融資枠の増資

【離職者支援】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、住居を失った方に市営住宅を提供します

【終了した対策】

○新型コロナ感染拡大防止休業支援金

○ちくご市がんばる家族支援事業

福岡県による離職者支援

福岡県では、新型コロナウイルス感染症の影響により、学生、留学生を含め働く場を失った人に対し、県と市町村が連携して、緊急に短期の雇用を創出するため、「緊急短期雇用創出事業」を実施しています。

くわしくは、「福岡県緊急短期雇用創出事業特設ページ」を確認してください。

福岡県緊急短期雇用創出事業特設ページは、こちらをクリック(外部リンク)

事業者への支援について

金融支援・雇用支援などについて

市役所での感染防止体制について

福岡県の緊急事態措置の取り組みに沿って、人と人との交わりを減らす目的のために、市民の皆さまも以下の取り組みにご協力ください。


・各種行政サービスに関する相談、各課への問い合わせ等は電話や電子メールを利用

・各種証明書の郵便請求や各種申請・手続きの郵便申請

(郵便請求ができる例)

所得証明書、住民票の写し、戸籍謄本など

(郵便申請ができる例)

マイホーム取得支援補助金、生ごみ処理容器等購入補助金など

くわしくは、各担当課に電話や電子メールでお問い合わせください。

・市役所にお越しのときは、マスクを着用

・庁舎出入り口や庁舎内に設置している手指用の消毒液を利用


なお、各課の窓口カウンターは飛沫感染防止のためビニールシートで仕切っています。

皆さまのご理解とご協力をお願いします。

小中学校について

学童保育所について

保育所等について

料金の徴収猶予制度等について  

新型コロナウイルス感染症の影響により、各料金を納付することが困難な場合に、支払いの猶予等のご相談に応じます。くわしくは各相談窓口にご相談ください。

後期高齢者医療保険料 市民課 0942-65-7016
介護保険料 高齢者支援課 0942-53-4115
市営住宅使用料 都市対策課 0942-65-7029
水道料金・下水道使用料 上下水道課 0942-65-7035
下水道事業受益者負担金 上下水道課 0942-65-7036

国民健康保険および後期高齢者医療保険被保険者の傷病手当金について

筑後市国民健康保険の被保険者はこちら

筑後市後期高齢者医療保険の被保険者はこちら

相談窓口

医療機関の受診等に関する相談

子どものこころに関する相談など

こころに関する相談

人権に関する相談

●新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別をなくそう!

国内での新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、不安や偏見により、感染者やその家族などへの誹謗中傷やいじめ、差別的な対応といった人権侵害が起きています。

感染症の治療にあたった医療関係者が職場で「ばい菌」扱いされる、子どもが保育園への登園自粛を求められる、家族が勤め先から出勤を見合わせるよう指示を受けるなどの事案が報道されています。

また、学生の感染を公表した大学で、在学生が近隣の飲食店から入店を断られる、東京などを行き来している長距離の運転手の子どもが、学校から自宅待機を求められるといった事案も発生しています。

新型コロナウイルス感染症に関しては、不安や恐れを感じることがあるかもしれませんが、誤解や偏見による誹謗中傷、いじめなどの差別を行うことは許されません。

偏見や差別的な言動に同調せず、確かな情報に基づいて冷静に行動してください。


・みんなの人権110番(電話番号:0570-003-110)

・女性の人権ホットライン(電話番号:0570-070-810)

・外国語人権相談ダイヤル(電話番号:0570-090-911)

自治体の偽サイトにご注意を

インターネット上で、市役所などの行政機関の公式サイトを模倣した偽サイトが確認されています。偽サイトにアクセスすると、利用者の個人情報が抜き取られるなどの危険があるので注意してください。

筑後市公式ホームページのアドレス(URL)

筑後市公式ホームページのアドレス(URL)は次のとおりです。

https://www.city.chikugo.lg.jp/

ご利用のブラウザやスマートフォンによっては、https://www.が省略されて表示される場合があります。


サイトにアクセスするときは、アドレスのドメインを確認してください。

筑後市では、「city.chikugo.lg.jp」を使用しています。


このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当
電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る