風しん抗体検査(無料)を実施しています

更新日 2018年07月25日
妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。
風しんの予防には、ワクチンを接種し風しんに対する免疫を獲得することが有効で、風しんに対する十分な免疫があるかどうかは、抗体検査で確認することができます。
県では、下記のとおり風しん抗体検査を無料で実施しています。(妊娠中は風しんワクチンの接種はできません。)

対象者

福岡県内(福岡市、北九州市、久留米市、大牟田市を除く)に住民票がある原則20歳以上の方で、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、又は風しんの予防接種履歴が明らかである方、もしくは検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方を除き、下記のいずれかを満たす方

(1)妊娠を希望する方及び妊娠する可能性の高い方

(2)妊婦の配偶者(パートナーを含む)ただし妊婦が、抗体検査で抗体価が低いことが確認されている場合又は抗体検査未実施の場合に限る。

(注)抗体価が低いとは、HI法で16倍以下、EIA法で8.0未満

検査費用

無料

実施場所

福岡県が契約した医療機関

(福岡県保健医療介護部保健衛生課感染症係(電話:092-643-3268)へお尋ねください。)

関連リンク 

福岡県ホームページ(外部リンク) 

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ