高齢者用肺炎球菌予防接種の助成について

平成31年度の対象者には、平成31年4月下旬に「高齢者用肺炎球菌予防接種助成券」(ハガキ)を郵送します。

ハガキが届いた人は、下記の説明書を読み、予防接種の効果と副反応等のリスクを理解した上で、接種をご検討ください。

実施期間

2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火) 

平成31年度の対象者

(1)2020年3月31日現在の年齢で、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上の人(下記の生年月日に該当する人)で、過去に高齢者肺炎球菌予防接種を受けたことがない人

 年齢

生年月日 

 65歳  昭和29年4月2日~昭和30年4月1日
 70歳  昭和24年4月2日~昭和25年4月1日
 75歳  昭和19年4月2日~昭和20年4月1日
 80歳  昭和14年4月2日~昭和15年4月1日
 85歳  昭和9年4月2日~昭和10年4月1日
 90歳  昭和4年4月2日~昭和5年4月1日
 95歳  大正13年4月2日~大正14年4月1日
 100歳以上  ~大正9年4月1日

 

(2)接種時点の年齢が60~64歳で、国が定める心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に、日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人

 

注)(1)の対象者に該当する場合、 「高齢者用肺炎球菌予防接種助成券」(ハガキ)がないと助成を受けることはできません。 接種の際は、必ず自宅に届いた「高齢者用肺炎球菌予防接種助成券」(ハガキ)を持参してください。

 

注)過去に1度でも接種したことがある人は、高齢者用肺炎球菌予防接種助成券」(ハガキ)が届いていても助成の対象にはなりません。

 

注)接種期間を過ぎると助成の対象にはなりませんのでご注意ください。

 

ハガキを紛失された場合は、健康づくり課の窓口で再交付いたします。

本人確認ができるもの(運転免許証や被保険者証等)を持参の上、申請してください。 

 

再交付のための申請書はこちら↓からダウンロードできます。

高齢者用肺炎球菌予防接種費用助成券再交付申請書(PDF形式:90KB)

接種回数

1回

自己負担金

3,500円  (接種の際に医療機関でお支払いください。) 

 

ただし、医療機関に下記のいずれかを持参すれば、無料で接種できます。

 

(1) 「高齢者予防接種費用免除対象者証明書」

注)生活保護受給世帯及び市民税非課税世帯に該当する人に対して、無料で発行します。

必ず接種の前に、本人確認ができるもの(被保険者証や免許証等)を持参の上、健康づくり課の窓口に申請してください。同一世帯以外の人が代理で申請する場合は、委任状が必要です。

申請書及び委任状は下記よりダウンロードしてください。 

 

高齢者予防接種費用免除対象者証明書発行申請書(PDF形式:82KB)

委任状(PDF形式:65KB)

 

(2) 有効期間内の「介護保険負担限度額認定証」

 

(3) 有効期間内の「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」

接種場所 

医療機関へ直接予約し、接種をしてください。

市内の医療機関は、高齢者予防接種実施受託医療機関一覧(筑後市)で確認してください。 

 

また、福岡県内の医療機関であれば接種ができます。ただし、一部実施していない医療機関もありますので、事前に医療機関にお問い合わせください。

接種に必要なもの

(1)平成31年度高齢者用肺炎球菌予防接種助成券(ハガキ)  

注)上記対象者の(2)に該当する人をのぞく。 

(2)自己負担金(有効期限内の「高齢者予防接種費用免除対象者証明書」「介護保険負担限度額認定証」「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」のいずれかがあれば自己負担金は不要です。)

(3)被保険者証等住所が確認できるもの

注)予診票は医療機関に置いています。 

注)平成31年度高齢者用肺炎球菌予防接種助成券(ハガキ)は、医療機関で回収されます。

関連ファイル一覧

高齢者用肺炎球菌予防接種説明書(PDF形式:159KB)

(医療機関にも置いています。) 

 

高齢者用肺炎球菌予防接種について:厚生労働省ホームページ (外部リンク)

Get ADOBE Reader

 PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ