子宮頸がん予防ワクチンの接種について

更新日 2018年11月13日

子宮頸がん予防ワクチンについて、平成25年4月1日より「定期接種」として実施していますが、平成25年6月14日に第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、ワクチン接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等がみられたことから、同日よりワクチンの接種を積極的にはお勧めしないことになりました。

対象者(中学1年生から高校1年生相当年齢の女子)で接種を希望される方は、定期接種として接種することはできますが、接種にあたっては、有効性と副作用が起こるリスクを十分に理解した上で接種していただきますようお願いします。 

 

厚生労働省ホームページ (外部リンク)


Get ADOBE Reader

 PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 健康づくり課 健康増進担当 

電話 0942-53-4231
FAX 0942-53-4119 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ