届け出と手続き

更新日 2018年04月25日

20歳になったとき

  年金の加入が必要です。(未加入から1号被保険者へ)
届出の場所
福祉課 市民相談・年金担当

会社などを退職したとき

  2号から1号被保険者への変更手続きが必要です。
  扶養されている配偶者も3号被保険者から1号被保険者への変更手続きが必要です。

必要なもの

年金手帳、退職日が確認できるもの(離職票など)

届出の場所

福祉課 市民相談・年金担当

住所が変わったとき

必要なもの

年金手帳

届出の場所

福祉課 市民相談・年金担当

保険料の納付が困難なとき

 一定の基準に該当する人は、申請免除の手続きができます。

必要なもの

 年金手帳、退職したときは退職の証明ができるもの(離職票など)、学生は学生であることが確認できるもの(学生証、授業料の領収書など)

 (注)所得を証明する書類が必要な場合があります。

届出の場所

福祉課 市民相談・年金担当

老齢基礎年金を請求するとき

必要なもの

必要書類は、市民相談・年金担当へ尋ねてください。

届出の場所

福祉課 市民相談・年金担当

国民年金加入者又は受給者が死亡したとき

 死亡届

必要なもの

必要書類は、市民相談・年金担当へ尋ねてください。

届出の場所

福祉課 市民相談・年金担当

関連リンク

受けられる年金の種類

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 福祉課 市民相談・年金担当 

電話 0942-65-7021
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム 

ページ上部へ