国民年金の加入の種類

更新日 2020年04月10日

 国民年金は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての人に加入が義務付けられています。

年金は、みんなで暮らしを支え合う社会保険の制度です。国民年金の加入者は、職業などによって次の3種類に分類されます。

 
国民年金加入者の種類
該当する条件と納め方
第1号被保険者

20歳以上60歳未満の自営業者・学生・無職の人など。

保険料は、自分で納めます。

第2号被保険者

会社員や公務員などで、厚生年金(共済年金)に加入している人。

国民年金保険料は、給料から天引きされる厚生年金保険料に含まれています。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人。

保険料は配偶者が加入している年金制度で負担されますので、自分で納付する必要はありません。

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 福祉課 市民相談・年金担当
電話 0942-65-7021
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム 

ページトップへ戻る