筑後市のあゆみ(昭和50年~昭和59年)

更新日 2017年03月30日
年代 筑後市のあゆみ
昭和50年
(1975)
1月 全市水道配水管埋設工事はじまる。
昭和51年
(1976)
5月 旧水田中学校跡地に、水田コミュニティセンター(野球場・テニスコート・プール・集会施設)が完成オープン。
7月 水道事業第一期事業給水開始。
9月 窓ケ原に雇用促進事業団による勤労青少年体育センターが完成。
昭和52年
(1977)
4月 第1回船小屋マラソン大会を開催。
9月 窓ケ原公園が開園。
昭和53年
(1978)
3月 水田コミュニティセンター野球場、テニスコートに夜間照明を設ける。
9月 諏訪神社の子どもみこしが20数年ぶりに復活。
昭和54年
(1979)
4月 福岡県立筑後養護学校が下北島に開校、同時に国立赤坂療養所内に福岡県立筑後養護学校赤坂分校を設置。
12月 筑後電報電話局にアンテナ塔(66メートル)ができる。
昭和55年
(1980)
1月 市の木「クスノキ」、市の花「サザンカ」を選定。
5月 川と水を守る運動始まる。
10月 第一回市民芸能のつどいを開催。
昭和56年
(1981)
5月 勤労婦人センター完成オープン、愛称を「サン・コア」に決定。
8月 全国高校総合体育大会(インターハイ)で八女高校が陸上女子の部で総合優勝する。
11月 郷土資料館がオープン。
昭和57年
(1982)
4月 県道八女・大川線が国道442号線に昇格する。
5月 市長写真 田中虎市氏田中虎市市長就任。
8月 全国高校総合体育大会(インターハイ)で八女工業高校が陸上男子の部で総合優勝する。
昭和58年
(1983)
4月 筑後北小学校新設開校し、全小中学校で米飯給食を開始。
11月 し尿処理場を全面改築し「衛生センター」となる。
昭和59年
(1984)
1月 21年ぶりの大雪で全市が銀世界に、約20センチの積雪で(昭和38年1月9日の大雪では14センチ)1週間も残雪があった。
10月 市民憲章が制定される。
11月 筑後市高齢者福祉事業団発足。

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 総務広報課 広報・広聴担当 
電話 0942-65-7004
FAX 0942-52-5928 
 お問い合わせフォーム

ページ上部へ