気象警報・注意報・特別警報

・現在発表されている気象警報・注意報については、以下のとおりです。(気象庁の外部リンクを参照ください。) 

  

   気象警報・注意報情報(気象庁) (外部リンク)

 

 

・気象警報・注意報の種類と内容については、以下のとおりです。平成25年8月30日より「特別警報」の運用が開始されました。 

 

・警 報

  警報とは、重大な災害が起こるおそれのあるときに警戒を呼びかけて行う予報です。気象庁では、以下の7種類の警報を発表しています。

  

  大雨警報・洪水警報・大雪警報・暴風警報・暴風雪警報・波浪警報・高潮警報 

 

・注 意 報

  注意報とは、災害が起こるおそれのあるときに注意を呼びかけて行う予報です。 気象庁では16種類の注意報を発表しています。

 

  大雨注意報・洪水注意報・大雪注意報・強風注意報・風雪注意報・波浪注意報・高潮注意報・濃霧注意報・雷注意報・乾燥注意報・なだれ注意報・着氷注意報・着雪注意報・融雪注意報・霜注意報・低温注意報 

  

・特 別 警 報

  気象庁は、平成25年8月30日(金)より「特別警報」の運用を開始しました。

  これまで、重大な災害が起こるおそれのあるときは、警報を発令していましたが、これに加え警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予測され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

 特別警報が発表された地域は、数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や、市から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。 

 尚、特別警報が発表されないからと言って安心することは禁物です。特別警報の運用開始以後も、警報や注意報はこれまでどおり発表されます。大雨等においては時間を追って段階的に発表される気象情報、注意報、警報を活用して早めの行動をとることが大切です。 

 

  特別警報について(気象庁)(外部リンク)

ページ上部へ