北朝鮮の弾道ミサイルが飛来した時の行動について

今般、北朝鮮によるミサイルの発射や、核実験など、朝鮮半島における緊張感が高まっています。市民の皆さまも、日頃から、政府や自治体が配信する情報には十分に注意してください。

ここでは、内閣官房より発表されている「弾道ミサイル落下時の行動について」を掲載します。

 

弾道ミサイル落下時の行動について

○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

 

メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】

○近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。

○近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

○できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

 

~行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください~

 

詳細なQ&A等については、内閣官房国民保護ポータルサイト(外部サイト)からご覧ください。


 


このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 防災安全課 

電話 0942-65-7260
FAX 0942-53-4216 

お問い合わせフォーム

ページ上部へ