台風への心構え

更新日 2016年07月27日

台風への心構えイラスト

 

  1. 家の中や外で強風に弱いところを補強しておきましょう。
      屋根、塀、窓、テレビアンテナ、看板など
  2. 非常用品等を備えておき、時々点検しましょう。また、万一の避難に備え、常用持ち出し袋に必要なものを入れておきましょう。水は一日一人あたり3リットル必要とされています。
  3. 風の強いときは家の外には出ない。身を守るため風の強いときは絶対に家の外に出ないようにしましょう。風は一旦おさまったように見えても突然強風が吹きだすこともあるので注意が必要です。
  4. 家が破損したときは 強風などで家の一部が破損したときでも、場合によっては無理をして修理せず、家の中の安全な場所(窓の少ないところなど)に避難することも必要です。筑後市でも過去、何人もの方が強風の中、屋根の補修中に転落して重症を負われています。
  5. 台風時の停電に備えましょう。  

     九州電力からのお知らせ(PDF形式:2549KB) (PDF形式:1148KB)

このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 防災安全課 

電話 0942-65-7260
FAX 0942-53-4216 

お問い合わせフォーム

ページ上部へ