「必ず儲かる」!? 甘い言葉にご用心!

更新日 2018年09月07日

被害内容(1)

 インターネット上の動画配信で、「全自動」「電話・メールでサポート」「返金保証」「必ず儲かる内容を教えます」とうたう広告を見て情報商材を購入。しかし、届いたPDFファイルを確認すると、ねずみ講のようなもので必ず儲かるものではなく、問題がありそうな内容だった。解約しようと業者に電話したが、いつも留守電でつながらない。

被害内容(2)

 インターネット上で「ビットコインを生み出す側になり、毎月最低30万円分のビットコインを受け取りつづけることができる」などの広告を見て興味を持ち、LINEの友達登録を行った。その後、事業者のウェブサイトへ誘導された。体験談が掲載されていたり、最初に500円分のビットコインがプレゼントされたりと信用度が上がったため『オートビットチャージ』と称するアプリケーションソフトを15万円で購入。その後「月利を得るためには0.1ビットコイン(約9万円)以上の投資が必要」といわれ支払ったが、金銭的負担が大きくなるだけで30万円相当のビットコインを受け取ることはできなかった。

被害内容(3)

 メールマガジンやLINE等の広告で「プロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などの記載を見て、詳細を知るためにアドレス登録をした。その後、プロジェクトへの参加勧誘メールが届くようになり申込みをしたところ、参加料として28万5000円を請求された。さらに参加後に10万円の投資費用と運用費用を請求され支払ったが、実際には収入が保証されることはなかった。

被害を防ぐために

 インターネット上には、誰でも簡単に稼げるような表現を用いて、高額な費用を支払わせる業者が数多く存在します。全国の消費生活センターには「申込し費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかった」などの相談が数多く寄せられています。

 『まずは疑い』『安易に信用せず』『甘い言葉に決して騙されない』でください。

 『契約をする前に冷静に考えましょう』

 ◯取引に関して不審な点があった場合は『お金を支払う前』に、消費生活センターにご相談ください。

 

このページの作成担当・お問い合わせ先

市民生活部 消費生活センター 

電話 0942-65-3737
FAX 0942-53-1589 

お問い合わせフォーム

ページ上部へ