市長の主な動き

更新日 2022年10月04日

これまでの「市長の主な動き」は下記リンクをクリックしてください。

市長の主な動き(令和3年度)

市長の主な動き(令和2年度)

市長の主な動き(平成31年度/令和元年度)

ワンヘルスフェスティバル2022

 10月2日、西田市長は九州芸文館で行われました、福岡県が主催するワンヘルスフェスティバル2022に出席しました。市においても、市民の方にワンヘルスの理念を知ってもらうため、今年7月に「人と動物の健康と共生を考える講演会」を開催し、「筑後市ワンヘルス推進宣言」を表明しました。市長は、「人と動物の共生のために福岡県と連携した取り組みを推進してまいります。」と挨拶を述べました。

ワンヘルスフェスティバル2022

ワンヘルスフェスティバル2022

全国大会出場報告(ロボット競技大会)

 9月29日、西田市長は八女工業高校の電子機械研究部の2チームより全国大会出場の報告を受けました。同研究部は、8月に行われた「第23回福岡県工業高等学校ロボット競技大会」に出場し、第1位から第3位までの上位を独占しました。10月15日から行われる全国大会には、優勝チームと準優勝チームが福岡県代表として出場します。

八女工業高校電子機械研究部

溝口竈門神社千燈明祭

 9月17日、西田市長は溝口竈門神社の千燈明祭に出席しました。市の無形民俗文化財に指定されているこの祭りは、新型コロナウイルスの影響により3年ぶりの開催となりました。市長は地域の方々に対し、「コロナ禍により貴重な伝統文化の継承が危ぶまれている中、様々な場面でご理解とご協力を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。」と感謝の言葉を述べました。

溝口竈門神社千燈明祭

溝口竈門神社千燈明祭

新100歳お祝い訪問

 9月17日、西田市長は本年度100歳を迎えられた3名の方を訪問し、お祝いの賞状や長寿祝金などを贈りました。市長は、お一人おひとりにお祝いの言葉をかけながら、短い時間でしたが皆さんとの会話を楽しみました。

新100歳お祝い訪問

新100歳お祝い訪問

インターハイ優勝報告(陸上)

 9月15日、西田市長は東福岡高等学校陸上部に所属している3年生の冨永湧平さん(筑後市出身)からインターハイの結果報告を受けました。富永さんは、徳島県鳴門市で行われた全国高等学校陸上競技対校選手権大会(インターハイ)に出場し、男子400mで優勝を果たしました。また、男子4×400mリレーでは昨年に引き続き2連覇を果たしました。

表敬訪問 東福岡高校 冨永湧平さん

表敬訪問 東福岡高校 冨永湧平さん

全国大会結果報告(陸上)

 9月15日、西田市長は羽犬塚中学校陸上部に所属している3年生の古川颯真さんから全国大会の結果報告を受けました。古川さんは、福島県で開催された第49回全日本中学校陸上競技選手大会において、共通男子200メートルに出場し、予選では自己ベストを更新するなど、全国大会という大舞台で力を発揮しました。

表敬訪問 羽犬塚中学校 古川颯真さん

久留米絣ファッションショー

 9月15日、筑後市観光協会がJR九州の〜特急「A列車で行こう」に乗車する熊本日帰りたび〜のツアーの演出として、久留米ー羽犬塚区間での車内において、久留米絣のファッションショーを開催しました。西田市長もモデルとなってランウェー(車内通路)を歩き、乗客に絣衣装をアピールしました。

 久留米絣ファッションショー

久留米絣ファッションショー

インターハイ結果報告(陸上)

  祐誠高等学校(久留米市)陸上部所属の3年生、今泉れんさん(筑後市出身)が8月上旬に徳島県鳴門市で行われた全国高校陸上競技対校選手権の女子・三段跳に出場し、全国10位の成績をおさめました。

 8月29日、西田市長はその結果報告を受け、「これまで多くの練習を積み重ね、大変努力されたと思います。このインターハイ出場の経験を活かし、これからも頑張ってください」と称賛の言葉を送りました。

祐誠高等学校 今泉れんさん

筑後市政治倫理審査会 審査報告

 筑後市政治倫理審査会では、市長、副市長及び教育長から提出された資産等報告書などをもとに、令和4年1月1日現在の資産や前年1年間の収入などの審査を行います。 

 8月29日、西田市長は政治倫理審査会の鐘ケ江聖一委員長より、「本年度の資産等報告書について特段の疑義はありませんでした」と審査結果の報告を受けました。

政治倫理審査会 審査報告

NHK大河ドラマ招致委員会 総会

 8月19日、西田市長は柳川市で行われた「立花宗茂と誾千代 NHK大河ドラマ招致委員会総会」に出席しました。「立花宗茂」は、戦国時代から江戸時代初期に活躍した初代柳川藩主です。筑後市の「羽犬塚」という地名の由来になったともいわれる羽犬伝説は、その宗茂も活躍した豊臣秀吉の九州征伐にまつわる逸話であり、宗茂と筑後市にも深いゆかりがあります。

 NHK大河ドラマ招致に向けて、ゆかりの地も色鮮やかなものとなるよう、他市町村とともに取り組んでまいります。

「立花宗茂と誾千代」NHK大河ドラマ招致委員会総会

「立花宗茂と誾千代」NHK大河ドラマ招致委員会総会

筑後地区青少年弁論大会

 7月23日、サザンクス筑後において、「第72回社会を明るくする運動 筑後地区青少年弁論大会」が開催されました。西田市長は祝辞を述べるとともに、「家族や地域社会との関わり、自分の未来などを「弁論」という形で語っていただきます。思春期の皆さんの心に秘めた思いを聴くことができる機会であり、多くの方が楽しみにしています。精一杯、頑張ってください。」と、弁論発表者の中高生の皆さんを激励しました。

筑後地区青少年弁論大会

筑後広域公園フィットネスエリア全面オープン

 筑後広域公園のフィットネスエリアに、屋根付き大広場や遊具広場、芝生広場が完成しました。7月23日、西田市長は、その完成を記念して開催された「フィットネスエリア全面オープン記念式典」に出席しました。

筑後広域公園フィットネスエリア

筑後広域公園フィットネスエリア

九州芸文館特別展 あゆみ−伊藤髟耳展 開会式

 7月23日、西田市長はちくごJR芸術の郷事業団が主催する、九州芸文館特別展「あゆみ−伊藤髟耳展」の開会式に出席しました。大牟田市出身である日本画家の伊藤髟耳氏は、日本美術院「内閣総理大臣賞」などの受賞経歴を持ち、現在も日本芸術院の会員として活躍されています。この展覧会では、伊藤氏の初期から現在までの代表作やデッサン約230点が展示され、8月28日まで開催されます。

あゆみ 伊藤髟耳展

あゆみ 伊藤髟耳展

インターハイ出場を報告(陸上・走り高跳び)

 7月15日、三潴高等学校制陸上部所属の栗原隆乃介さん(筑後市出身)が秩父宮賜杯第75回全国高等学校陸上競技対校選手権大会の予選会で走高跳2位の入賞と全国大会への出場を筑後市長に報告するため、表敬訪問されました。全国大会は8月3日から徳島県で行われます。

栗原さん

全国大会への出場を報告(空手)

 7月12日、自成塾の山口代表と蒲池翔真くん(羽犬塚小4年)らが市役所を訪れ、県少年少女空手道鍛錬大会の「形・競技部門」小学4年男子形での優勝と全国大会への出場を西田市長に報告するため表敬訪問されました。全国大会は8月10日から東京都で行われます。

自成塾

定時制インターハイ出場を報告(陸上競技)

 7月12日、福島高校定時制陸上部所属の楯岡堅征さん(筑後市出身)が市役所を訪れ、県定時制通信制体育大会陸上競技大会で男子円盤投1位、男子走幅跳3位となり、全国大会への出場を報告するため、西田市長に表敬訪問されました。

楯岡さん

筑後川改修期成同盟会 定期総会

 7月6日、西田市長は久留米市で開催された筑後川改修期成同盟会の定期総会に出席し、流域自治体の首長とともに筑後川河川事務所との意見交換を行いました。西田市長は筑後川に流れ込む山ノ井川の浸水被害の現状と流域治水の必要性を訴えました。

筑後川改修期成同盟会 定期総会

筑後川改修期成同盟会 定期総会

三和ロジコム(株)、筑邦銀行より寄附金贈呈

 7月6日、三和ロジコム(株)と筑邦銀行より、筑後市へ寄附金10万円を贈呈いただきました。この寄附は、三和ロジコム(株)が発行する筑邦銀行のSDGs私募債「ちくぎん地域応援私募債」を活用したもので、私募債の発行の一部を市や教育機関等に寄贈することで、地域社会を応援する仕組みとなっています。

三和ロジコム㈱、筑邦銀行より寄附金贈呈

福岡県市長会正副会長会議

 7月5日、西田市長は福岡県市長会の正副会長会議に出席しました。福岡県市長会は県内29市で構成され、会長には井上澄和 春日市長、副会長には赤間幸弘 嘉麻市長、楠田大蔵 太宰府市長とともに西田市長が就任しています。

福岡県市長会正副会長会議

同和問題街頭啓発

 福岡県では、毎年7月を「同和問題啓発強調月間」とし、各地で部落差別をはじめとする様々な差別を解消するための取り組みを行っています。筑後市では、7月1日にトライアル筑後店とマミーズ西牟田店の2ヶ所で街頭啓発を行い、西田市長もトライアル筑後店を訪れた市民にチラシの配布などを行いました。

同和問題啓発強調月間 街頭啓発

社会を明るくする運動出発式

  7月1日、第72回「社会を明るくする運動」の出発式を行いました。この活動は、犯罪や非行の防止とその更生について理解を深めることを目的とし、犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築こうという全国的な

運動です。毎年7月を強化月間とし、啓発や周知活動を行います。

第72回社会を明るくする運動出発式

絵画寄贈セレモニー

 6月30日、西田市長は平井光典氏の絵画寄贈セレモニーに出席しました。絵画は馬場淳次氏(元筑後市長)より、72点を寄贈いただきました。平井氏は筑後地域の著名な画家で、その作品の一つはサザンクス筑後大ホール緞帳のデザインとなっています。寄贈セレモニーには、馬場氏と平井氏のご親族である平井連氏も出席されました。

絵画寄贈セレモニー

ちくご読書の会「ぺえじ」文部科学大臣表彰受賞

 ちくご読書の会「ぺえじ」が、令和4年度子どもの読書活動優秀実践団体 文部科学大臣表彰を受賞し、6月21日、西田市長はその受賞報告を受け、お祝いの言葉を伝えました。「ぺえじ」は子どもたちに絵本の読み聞かせや紙芝居などの活動を行っています。

ちくご読書の会「ぺえじ」


ホークス選手交流のつどい

 6月17日、タマホームスタジアム筑後で、小久保裕紀2軍監督や新入団の16選手が市民と交流するイベント「ホークス選手交流のつどい」が行われ、市民約720人が来場しました。西田市長は「新たに入団された選手の皆さんが筑後で成長し、大きく羽ばたいて活躍されることを期待いたします」と挨拶を述べました。

ホークス選手交流のつどい

ホークス選手交流のつどい

大牟田柳川信用金庫との覚書締結

 6月14日、西田市長は地方創生に関する取り組みの一環として、補助金口住宅・リフォームローンに関する「覚書」を大牟田柳川信用金庫(松原 誠 理事長)と取り交わしました。市が実施している住宅取得及び住宅リフォームに対する補助金を受ける方限定で、優遇ローンがご利用いただけます。

覚書締結

シルバー人材センター定時総会

 6月4日、西田市長はサザンクス筑後で行われた公益社団法人 筑後市シルバー人材センター定時総会に出席し、祝辞を述べました。

シルバー人材センター

筑後市市政功労・社会功労表彰式

 5月30日、長年にわたり、市の発展に大きく貢献してきた方を表彰する「筑後市市政功労・社会功労表彰式」を2年ぶりに開催し、各分野で活躍された12名を表彰しました。西田市長がお一人おひとりに表彰楯を手渡し、受賞者への日々の活動に対する感謝の気持ちを伝えるとともに、「本日の表彰を契機として、さらに飛躍いただくことを期待いたします」と挨拶を述べました。

筑後市市政功労・社会功労表彰式

筑後市市政功労・社会功労表彰式

筑後市防災訓練

 5月29日、3年ぶりに筑後市防災訓練を実施しました。筑後市消防団及び各校区の自主防災組織、そして防災士の方々と共に、災害発生時の動きの確認などを行いました。

筑後市防災訓練

筑後市防災訓練

筑後市防災訓練

有害鳥獣駆除活動 初日出発式

 5月29日、筑後市猟友会による有害鳥獣駆除活動の初日出発式が市役所駐車場で行われました。カラスやドバト等による麦や大豆、果樹などの被害を少しでも減らすために、本年12月まで駆除を実施されます。

有害鳥獣駆除初日出発式

有害鳥獣駆除初日出発式

筑後七国デー

 5月28日、HAWKSベースボールパーク筑後にて「筑後七国デー」が行われました。「筑後七国デー」とは、近隣5市2町と県、各商工会議所、商工会で構成される筑後七国活性化協議会が取り組む事業で、ベースボールパークを訪れた方に筑後七国の魅力を知っていただくためのイベントです。西田市長は、「コロナ禍により約2年間は、ほとんど活動ができませんでしたが、少しずつイベントも再開していますので、是非遊びに来ていただければと思います」と筑後七国をPRしました。

筑後七国デー

みのりの大学講座

 5月26日、筑後市シニアクラブ連合会が主催の「みのりの大学講座」に出席しました。西田市長は講座の中で、市が行っている新型コロナウイルス感染症緊急対策事業について講演しました。

みのりの大学講座

ちくご男女共同参画ネットワーク総会

 5月21日、男女共同参画の推進活動を行っている、市内在住の個人及び団体で構成された「ちくご男女共同参画ネットワーク」の第35回総会が開催されました。市は、令和3年度末に「第六次筑後市男女共同参画計画ひろがり5」を策定し、誰もが持っている無意識の思い込み(アンコンシャス・バイアス)に気づく啓発、DV防止の啓発と相談体制の充実などを重点課題としました。西田市長は、「計画に基づき、男女共同参画社会の実現に向けて施策の取り組みを進めてまいります」と挨拶を述べました。

ちくご男女共同参画ネットワーク総会

筑後市消防 訓練見学

 5月27日に開催される、第48回福岡県消防救助技術指導会に筑後市消防が出場するため、西田市長は引揚げ救助の訓練の様子を見学しました。

第48回福岡県救助技術指導会出場に伴う展示訓練

第48回福岡県救助技術指導会出場に伴う展示訓練

筑後シニアクラブ連合会総会

 5月12日、筑後市シニアクラブ連合会の評議員総会が筑後市総合福祉センターで行われました。西田市長は、連合会の方々が日々、地域の清掃などの社会奉仕活動、子ども達の登下校の見守りをはじめとする安心・安全の取り組みなどの様々な地域貢献活動に感謝の言葉を伝え、「健康づくりや介護予防をはじめ、高齢者福祉の一層の充実強化に取り組んでまいります」と挨拶を述べました。

筑後市シニアクラブ連合会総会

筑後七国活性化協議会総会

 5月9日、西田市長は筑後七国活性化協議会総会を開催し、会長として議長を務めました。この協議会は筑後市を含む近隣5市2町で構成し、筑後地域の広域連携と活性化を目的に活動しています。

筑後七国

筑後市環境美化巡視員会

 4月22日、サザンクス筑後で筑後市環境美化巡視員会が開催されました。今年度は新たに31名に環境美化巡視員業務を委任し、総勢112名体制で市の環境美化活動を推進していきます。

環境美化巡視員会

富松孝侑彫刻展

 4月17日、九州芸文館で「富松孝侑彫刻展」の開会式が行われ、西田市長は開会に伴うテープカットを行いました。富松氏は久留米市三潴町出身の彫刻家で、今回、九州芸文館に9作品が寄託されました。

彫刻展

ウクライナ支援に寄付金贈呈

 4月14日、県い製品商工業協同組合理事長の下川賢彦(よしひこ)さんが、ウクライナ支援に役立てて欲しいと100万円を筑後市を通じて日本赤十字社に寄付しました。下川さんは市内にある「山万」の元社長・会長。

 このほか市役所1階には募金箱を設置し、5月27日までウクライナ人道支援の募金を募っています。

ウクライナ支援

筑後ボーイズ、全国大会出場を報告

 4月6日、筑後市を本拠地として活動する中学生の硬式野球チーム「筑後ボーイズ」の市内出身者5名が市役所を訪れ、西田市長に全国大会に出場したことを報告しました。チームは第52回日本少年野球春季全国大会福岡県南支部予選で優勝。3月26日からの全国大会に出場し、3回戦まで進出しました。めざせ!!全国制覇。

筑後ボーイズ

春の交通安全県民運動 出動式

 4月3日、西田市長は筑後広域公園で開催された「春の交通安全県民運動 出動式」に出席しました。出動式には筑後警察署が管轄する市町の関係者等が出席しており、あいさつを行った西田市長は「地域の交通安全はみんなの願い。地域の皆さんと交通事故のない安全・安心な暮らしを目指したい」と話しました。また、筑後市のちっご観光大使「恋姫」の龍春奈さんが一日警察署長を務めました。

出動式あいさつ

出動式点検

筑後ライオンズクラブ旗争奪市内少年剣道大会

 4月3日、新型コロナウイルス感染拡大によって2年間中止となった「筑後ライオンズクラブ旗争奪市内少年剣道大会」が筑後広域公園体育館で開催されました。開会にあたり、西田市長はあいさつを行い、コロナ禍でスポーツが制限されていた中でも、剣道に打ち込んできた子ども達のエネルギーに感心していました。

剣道大会

辞令交付式

 4月1日、西田市長は新たに筑後市役所に入庁した新規採用職員10名に辞令交付を行いました。西田市長は自らの経験をもとに公務員として心構えと今後の成長をお願いしました。

辞令交付式


このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 市長公室
電話 0942-65-7009
FAX 0942-52-5928 

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る