市長の部屋

 

 このたび、123日付で、第17代筑後市長に就任いたしました西田正治でございます。


 今回の市長選挙は、無投票という結果ではございましたが、改めて今、その課せられた使命と、責任の重さに、身の引き締まる思いがいたしております。


 さて、これまで、私は筑後市職員として40年以上、筑後市のまちづくりに携わり、市民の皆様の様々なニーズと向き合って参りました。40年前と比べると、筑後市は人口も増え、道路・交通環境も整備され、公共施設も充実するなど、近隣自治体より元気だと言われるまちに成長してきました。


 しかし、急速に進む少子高齢化や、公共施設の老朽化など、筑後市は今、多くの課題に直面しています。特に、市の財政状況は、4年連続で単年度収支が赤字になるなど、財政の建て直しは、喫緊に解決しなければならない大きな課題であります。聖域なく、徹底した行財政改革を実行し、財政の健全化と、効率的な行政運営の確立に向け、強い決意とスピード感を持って取り組んでまいります。


 また、これまで、筑後市がつちかってきた活力あるまちづくりを推進していくためには、雇用と定住人口の拡大を図り、さらなる税収の向上を目指す必要があります。そのため、交通アクセスの良さを生かしたトップセールスによる企業誘致の推進を図るとともに、都市計画の見直しによる土地利用の適正化を図り、農業・商業・工業のさらなる発展を目指していきます。


 また筑後市が、もっと住み続けたいまちになるために、保育園や学童保育所の待機児童の問題にも、正面から向き合い、仕事と育児の両立を支援し、安心して子育てができる環境づくりに積極的に取り組んでまいります。


 さらに、高齢者が自宅や地域で安心して暮らしていけるように、地域の支え合いや、居場所づくりを進めるとともに、子どもや高齢者、障害のある人など、すべての人たちが安全に安心して暮らしていけるまちづくりを目指して、取り組んでまいります。


 このように、筑後市を取り巻く課題は山積し、どれも待ったなしの対応を迫られています。


 私は、時代とともに、日々変化する筑後市の状況をしっかりと見据え、これまで育んできたまちの魅力に、さらに磨きをかけながら、これらの課題と正面から向き合っていくことこそが、最も重要であり、解決に向けた最善の策であると考えております。


 そして、それぞれの課題と正面から向き合うためには、市民の皆様と行政との間に、まずは信頼関係を築くことが重要だと思っています。そのため、積極的に情報公開を推進するとともに、十分な説明責任を果たし、市民に開かれた市政運営に努めてまいります。


 また、開かれた市政運営のため、二元代表制の一翼を担う市議会の立場を尊重し、怠ることなく対話を行いながら、筑後市を取り巻く課題を一つずつ解決し、「新しい筑後市」を創っていく所存であります。


 言うまでもなく、いま、地方自治体を取り巻く環境は、大変厳しい時代を迎えておりますが、筑後市のもつ可能性を信じ、若さと決断力で、未来に大きな夢を描きながら、「もっと住み続けたいまち」の実現に向けて、ひるむことなく挑戦してまいりたいと考えています。


 市民の皆様のご支援をよろしくお願いします。


 

新市長写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




このページの作成担当・お問い合わせ先

総務部 市長公室 
電話 0942-65-7009
FAX 0942-52-5928 
お問い合わせフォーム 

ページ上部へ